9月の運勢【二黒土星】2021 令和三年【九星気学 占い】

毎月の運勢

両極端、生活の乱れ?、正義や公明正大

 この9月は思考や行動の振れ幅が大きく、いわば極端になりがちですので、バランス感覚を大切にしていきますと発展的になります。

 何事も行きすぎない事が大切になるのですが、正反対の事を両方楽しめる・携われるといった楽しみな一面もありますので、両方活用してください。

 生活の乱れに注意してください。悪い癖や悪い習慣にとらわれやすいです。誰にでも悪い癖はあるものですので、それに流され始めたら初期に修正しますと安泰です。

 正しさ・正義という意味合いが出ています。誰に見られても・どこに出ても”全く後ろ暗い所がない、、、”といった姿勢が大事になります。不正や違法性の無さetc

 9月もより良い月になりますよう、心からお祈りいたします。

毎月の運勢は二本立てです。下記も併せてご覧ください。

9月は一白同会・離宮回座、愚者・正義

 さらに詳しく見ていきます。

 上の段の九星盤(年盤)は、2021年の九星盤です。

 下の段の九星盤(月盤)は、9月の九星盤です。

 お生れの二黒は下の段の九星盤で、離宮に回座します。

 その離宮には上の段の九星盤で一年間、一白がいますので、一白同会といいます。

 9月は一白同会・離宮回座の月運になります。

 カードはこの2枚が出ています。

ヒントや障害:
正義
法律、行政との縁(裁判、警察、役所)、極端、中心と正義のススメ

現状・予想:
愚者
「愚か」と「可能性」の両方が、極端、10か0か、生活の乱れ

振れ幅大きく極端⇒バランスを

 同会するのは一白水星ですが、五行の”水”です。回座するのは離宮ですが、五行は”火”です。

 火と水なので正反対、つまり両極端になりがちという事が言えます。思考や行動が両極端になりやすいという事です。

 さらに、愚者のカードが出ていますが、字のごとく愚かさを意味します。しかし、このカードにはもう一つの意味があって、ゼロから始める「無限の可能性」という、素晴らしい意味もあります。

 つまり、このカード自体も両極端な運勢があることを指します。

 それに加えて正義のカードが出ていますが、絵には吊り下げ天秤が描かれています。これは、バランスを取りましょう、、、というヒントを暗示しています。

 例えば、思考でいいますと、時に陽気で楽観的、自由な発想を展開していたかと思ったならば、ある時には一転して、陰気で悲観的、思考がストップしてしまうような場面に遭遇するなどです。

 一見すると前者の陽気で楽観的etcのほうが優れているようにも感じますが、しかし、その分だけ無思慮による失敗もあります。安全対策の不備で損害を受けるなどもそうです。

 他方の陰気で悲観的、、、これは劣るように感じますが、思慮深く準備や調査を行い、失敗も少なく周りに迷惑もかけにくいです。

 どちらも一長一短ですが、それらが過度になりやすいことを理解してバランスを取ってください。

 悪く悪く考えてしまったときは「ああ、悲観的すぎるな、、、少し考えるのやめて、趣味に時間を使おうかな…」などがおすすめの対策です。

 逆に「なんか、今日は楽しいし、やる気が全開だな、、、」という時は「あっ、こういう時こそ、忘れ物をしたりミスをしたりで誰かに迷惑をかけるんだよな…」などです。

 行動もそうです、活動しすぎてエネルギーの限界を超えてしまったり、活動しなさ過ぎてどんどんやる気が低下して時間だけが経過するなどです。

 何事においても行きすぎることなくバランスを大事にしてください。

生活の乱れに注意

 愚者のカードが生活の乱れに対する警告を出しています。

 同会する一白には、酒、性、隠し事の意味があります。回座する離宮には怒りや浪費の意味があります。

 これらに関係したことで生活が乱れやすいですから注意をしてください。初期の段階で修正しますと安泰です。

 何事も行きすぎてしまいやすい時ですから、例えば、お酒を飲み始めると飲みすぎてしまい、異性トラブルや人に言えない事を作ってしまうなどです。

 いつもなら特に気にならない小さなことでも、なぜか怒りが爆発してしまうとかです。

 いつもなら欲しいものがあっても、価格調査をしたり家族に相談するのに、なぜか衝動買いしてしまうなどです。

 特に、ご自分の中で、悪い癖・悪い習慣だと感じていることに流されやすい運勢ですから、早い段階で修正をしてください。

司法や行政との縁

 司法行政と言ってもあまりにも幅広い意味がありますから特定しにくいですが、例えば、法令、行政手続き、行政サービスに関わることです。

 不正や違法性のあることは避けるべき時期です。いつもならスルーできても、この時期はそうなりません。小さなことでいうと交通違反で捕まってしまうなどです。

 各種手続きや届け出なども忘れずになさってください。

 受けられるはずの行政サービスを知らなくて受けられなかった、、、書類の不備で受けられなかった、、、などもあり得ますから、役所の広報誌などを確認してください。

 又、同会する一白には、医療の意味もありますから、医療サービスを受けられる可能性もあり得ますし、受診する可能性もあります。

 良く調べたり、早めに対処していくのが良いです。

一白同会⇔離宮回座は正反対

 上でも書きましたが、一白は水で離宮は火なので正反対の意味があります。具体的にどのような事が言えるかを記します。

 どちらも活用しつつ、行き過ぎないようにバランスを取ってください。

柔軟、協調、忍耐⇔分離離別、自己主張

  物事や他者に対して柔軟で協調的にもなれますし、忍耐強くもなれます。悪縁・悪習慣との離別ができる時でもあり、自己主張が吉と出る場面もあります。発表とかプレゼンとか

 これらを両方活用してください。

 逆に、我慢しすぎてしまって誰にとってもよくない状態を招いたり、腹が立って喧嘩別れをしてしまったり、相手の意見を聞くべき時に自分ばかり主張してしまったり、、、

 このように行き過ぎてしまう場面もあり得ますから、その時にはバランス・中庸が大事だという事を思い返してください。

慈愛、献身、奉仕⇔注目、人気、与えられる側

 献身や奉仕ですから、ボランティアや寄付、献血のススメがあります。これらは与える事柄です。

 反対に、注目されたり人気が集まる運もあります。与えられる側です。

 人に見られていることを意識して、立ち居振る舞いを気遣ってください。朗らかな態度などもそうです。

 これらが行き過ぎると、自分が破滅してでも人に尽くしてしまったり、人気があることにうぬぼれて人に優しくできなかったりです。 

 これらの自覚があったならば、初期にバランスを取ってください。

秘密、隠匿⇔表面化、表現、発言

 自分の考えやプライベートを明かさないほうが良い運もあれば、反対に自己主張が良い結果を招く運もあります。

 明かさざるべきことと、明かすべきことの住み分け・振り分けが大事です。なんでも隠匿、なんでもオープンはいけません。

 隠し事ができてしまう時もあれば、以前の隠し事が表面化する運もあります。隠し事をなるべくしない、表面化して困ることは事前に対処する、、、などです。

 これらもバランスです。 

学問、思考、資料⇔直感、閃き、自由

 学べばいつもより覚えられる運がありますし、深く考えたり多くの資料から良い答えを導ける運があります。

 それと同じく閃きや自由な感覚で発想を優先したほうが良い答えを導ける運もあります。

 両方有効で両方正解です。場面や事柄によってそれらを使い分けてください。

 言い方を変えると、机に向かって資料を紐解いたり、眉間にしわを寄せて”よい答え”が出てこない時には、屋外に出てスポーツをしながら考えるとか、まったく違う分野を参考にして閃きを導くなどです。

 逆に、移動中に考えたり、雑踏の中で作業してうまく行かないならば、一人静かに作業できる場所や深夜に作業するなどです。

 もちろん、これらもどちらか一方に行き過ぎてはいけません。バランスです。

宗教、精神世界⇔芸術、司法、警察

 精神世界と芸術や司法、警察が正反対の意味ではありませんが、形のないものと形のある物その反対の性質、、、そのようなニュアンスです。

 これも、どちらも有効ですし、どちらにも行き過ぎないでください。

 なんでも、宗教や占いに当てはめて考えてはいけませんし、社会生活に必要な事だけに注目してもいけません。

被同会:三碧

 被同会とは、その時期に注意すべき運勢を意味します。三碧には次のような意味があります。

焦り、急ぐ、即決

  これらは良い結果を導きません。離宮に回座しますから、直感的な閃きは大事ですが、それを即決で性急に進めてはいけません。

 三碧にはスピードという意味がありますから、スピードは裏目です。

 自動車や自転車でのスピードの出しすぎにも気を付けてください。

若者、年下、子供(男児)

 三碧には若者や少年などの意味があります。 

 それらの人には警戒心を持ってください。まず争いを避けることです。勝っても負けてもよい結果にはなりません。

 又、お子さんや部下、後輩の心配事に遭遇する可能性もありますから、9月の早い段階で状況に注目してください。様子に気を付けるとか、聞き取りをしたりがおすすめです。

 早めに気づければ特に問題は大きくなりません。

前月・今月・来月

 8月も9月も人気運があって、注目されたり評価されるなど、与えられる側の運勢がありました。

 この9月はそれが継続するものの、それに加えて正反対の献身・奉仕の運勢も出ます。両方を大切にしてください。

 次の10月は家庭運が出てきます。この9月のうちから家族で何かできないかを相談してください。家族会議です。

 家族のレジャーでもよいでしょうし、家の模様替え、家族の将来を話し合うなど様々です。

まとめ

・思考や行動が極端⇒バランスを
・生活が乱れないように
・司法や行政との縁
・⇩正反対のバランスを
・柔軟と協調⇔自己主張
・奉仕⇔注目
・隠匿⇔表現
・学問⇔直感
・精神世界⇔司法、警察
・↑どちらも注目、中庸
・焦り、急ぎ、即決×
・若者、年下、子供×
・8月9月は人気
・9月は加えて奉仕
・10月は家庭運

 以上で二黒土星生まれ、2021年9月の運勢についてでした。 この9月もより良い月になりますよう、心からお祈りいたします。

 下記も併せてご覧ください。

スポンサーリンク
占いHosoをフォローする
占いHoso

 九星気学や四柱推命など、東洋の占いにタロットカードを合わせて判断するスタイルをとっています。

 ちょっと変わったやり方です。(九星気学、四柱推命+易、又は西洋占星術+タロットが王道)

 鑑定歴20余年の本業占い師です。鑑定した人は数千人以上だと思います。

 悩み事や相性はもちろん、経営、子宝、建築、命名など様々な案件を経験しました。

 このブログでは、毎月・毎年の運勢、開運の方法、開運グッズなどを紹介していきます。

 運勢を理解活用して少しでも良い人生を導きたい、そんな方にお届けしたいと思っています。

占いHosoをフォローする
占いHoso

コメント

タイトルとURLをコピーしました