9月の運勢【三碧木星】2021 令和三年【九星気学 占い】

毎月の運勢

気力体力を温存、無駄な力を使わない、奉仕の時期

 この9月は気力や体力を蓄えることが大事です。

 無理をして頑張ったり、自分に鞭(ムチ)を入れるようなことはいけません。情熱とか、ファイト、頑張ろう!、、、は逆効果です。

 季節には冬があり、一日には夜があります。人の運も同じで、休むべき時期に休まなければいけない、、、というニュアンスです。

 それなのにもかかわらず、なぜか無駄な力を使ってしまう、、、その警告も出ています。

 意味のない事にこだわってムキになり、時間と体力、気力を浪費してしまう、、、などです。

 例えば、味方であるはずの家族に八つ当たりをしたり、睡眠不足や深酒で心身にダメージを与えたりです。

 決して、意味のない事に力を乱用しないでください。

 奉仕活動のススメも出ています。ボランティアや寄付、献血などです。お子さんや配偶者と一緒にそれを為してください。

 この9月もより良い月になりますよう、心からお祈りいたします。

毎月の運勢は二本立てです。下記も併せてご覧ください。

9月は二黒同会・坎宮回座、剛毅(力)(逆)・コインの6

 さらに詳しく見ていきます。

 上の段の九星盤(年盤)は、2021年の九星盤です。

 下の段の九星盤(月盤)は、9月の九星盤です。

 お生れの三碧は下の段の九星盤で坎宮に回座します。

 その坎宮には上の段の九星盤で一年間、二黒がいますので、二黒同会といいます。

 9月は二黒同会・坎宮回座の月運になります。

 カードはこの2枚が出ています。

ヒントや障害:
コインの6
奉仕、援助、保護、後援する側、寄付や献血など

現状・予想:
剛毅 (逆)
気力・体力の低下、弱さ、健康低下、反対に力の乱用、無意味な事にムキになる

エネルギーを充填・補充する時

 回座する坎宮は一年でいうと冬、一日でいうと夜、方位では北の意味になります。

 事を始める時期ではありません。冬に種をまいても芽が出ないという意味で、何かを活発に始めたり、活動的な日々を送るのは向きません。

 貯める蓄える…そのニュアンスが大事です。例えば、体力を蓄えるとか、気力が充実するまで待つなどです。

 上の段に剛毅のカードも出ています。このカードは女性がライオンを押さえつけていますが、力・パワー・強さの意味です。

 勇気やファイト、情熱の意味もあります。それが逆位置なので、少し力が弱まっていることを指します。

 生命エネルギーの低下と言ってもよいかもしれません。自覚のある人はまだ”まし”です。おのずと休むことを優先できるからです。

頑張りは不要なのに、力を乱用?

 もし、生命エネルギーの低下、その自覚がない人や自覚があるのにそれを認められない人が気を付けなければいけません。

 休むべき時に休まないとどうなるか… 例えば病気、例えばミス、例えば不和etcです。

 剛毅のカードが逆位置に出ると、力の乱用・無駄な力を使う、、、その解釈もあります。

 意味のない事にムキになったり、味方に刃を振るったりです。

 もし、うっかりと家族や同僚・後輩に八つ当たりをしてしまった、、、それは”休まなければいけない”というシグナルだと理解してください。休むことも義務です。

 この9月はお生れの三碧が坎宮に入りますが、一年間坎宮には二黒がいます。

 二黒は平和、安定、地道、継続、、、そのような意味があります。平和的で安定的な感情、生活、、、これが今は必要です。

 社会的な責任や義務があるのはもちろん理解できますが、出来るだけ平和的で安定的な生活を目指してください。

 せめて、食事や睡眠のリズムを整えるぐらいの事は大事にしてください。同じ時間に食事をとり、同じ時間に就寝・起床です。

 そして、何事も平和的な解決・平和的な選択を心がけるようにして下さい。 

奉仕・慈善

 コインの6には天から吊り下げられたコインが描かれています。秤に乗せられています。

 これは、何かを与える・施す・差し出すという意味で、それを平等に…という解釈です。

 ご自身のできる範囲での慈善活動や奉仕活動を検討してください。

 寄付や献血、ボランティア活動はもちろんですが、例えば身近な人に優しくする…そのような事でもよいです。

 回座する坎宮にも奉仕や慈善の意味があります。

 坎宮はもともと、五行の水を意味する宮ですが、水は生命の泉・源と言えますので、命を与える・・・そのようなニュアンスです。

 さらに、坎宮には弱者の意味もあります。体力の低下した人や病気の人、老人や子供、それらの人に優しくできる何かを考えてください。

 強者との接点によりエネルギーを充填する方法があります。

 例えば「あなたのような情熱的な人と接することができて、元気をもらえました!」というやり方です。

 今の運勢はその逆です。弱者に寄り添う事によって自分も癒される、、、そのような方法がおすすめな時期です。

 その他、坎宮には医療福祉の意味もあります。それらにかかわる可能性もあり得るという事です。

二黒同会

 その他、同会の二黒には、平和や安定の他に次のような意味もあります。

家庭運

 家族との接点が生まれる運勢です。

 剛毅のカードをご覧ください。ライオンの首根っこを押さえています。

 家族に対して強引・支配的は良くないです、、、その解釈になります。特に、絵は女性なので妻⇒夫、母⇒子供という構図の強引さ・支配的に気を付けたい運勢です。

 そもそも、この9月は社会にも家族にも奉仕が吉の運勢なので、それを基本としてください。家族に優しくしていただきたい、、、という意味です。

 家族と一緒に奉仕活動・慈善活動もおすすめです。

準備、調査、計画の運勢

 次月10月と11月に新規スタートの運勢が巡ってきます。その前段として、興味・関心のあることを調査して必要な準備をしてください。

 下調べをして、必要な道具を準備するなどです。時間を作って環境を整えるのも大事です。

 特に興味のあることが見つからない人は、図書館や美術館、手芸店、スポーツ用品店などを巡って面白そうなことを探してください。

 仕事に関してもそうで、今の仕事に役立てそうなことを探し準備するのが良い時期です。

 年運レベルでも準備と調査の運が出て、来年の2022年は新規スタートの運勢が生じます。

 小さなスタートが10月11月、大きなスタートが2022年。そう考えて環境の整備と準備調査をなさってください。

受け身、サポート

 二黒は大地の意味がありますので、包み込むとか、受け止める、、、そのような姿勢がおすすめです。

 先にもありましたが、支配や強引ではなくて、誰かの行為や気持ちを受け止めてあげる姿勢がおすすめです。

 逆に言うと、能動的・積極的は向かない時期といえます。

 又、万物を育む大地ですから、サポートや育成の運勢でもあります。 後輩や部下、お子さんに何かを教えて伸ばし育てる時期、、、という事です。

 植物を育てたり、動物をかわいがるのにも適する運勢です。ペット用品を買うなども。

母縁

 二黒には母親の意味もありますので、ご自身の母親に会う・連絡を取るなどもおすすめです。

 既に亡くなっている方は、お墓参りをするとか、生前好きだったものを食べる・良く使っていた道具を使う、、、なども供養になります。

坎宮回座

 その他、回座の坎宮には、エネルギー充填や慈善活動の他に次のような意味もあります。

忍耐と柔軟性

 何事も忍耐が大事です。

 最近、何事も停滞しているな…そう感じた場合、一発逆転や状況改善を目指したくなるものですが、この時期はなるべく忍耐をもってチャンスを待つのが正解となります。

 行動よりも必要な知識や情報を収集するのがおすすめです。

 又、何事に対しても柔軟な対応を心がけてください。

 坎宮は水の五行です。器に合わせて自身の形を変えられる”水の心”がおすすめな時期です。

学問

 知識の習得や資料の整理、調べる、、、などがおすすめです。

 何かを覚えたり何かを学ぶ行為をしますと、いつもよりも覚えられる運があります。

 つまり、知識が溜まる・蓄えられる運です。是非、よく学ぶようにして下さい。

 そして、必要な資料を収集することです。資料やデータをまとめるのでもよいです。

宗教、哲学、心理学、オカルト、先祖運

 これらにも縁がありますので、関心・興味のある本などを読んでください。

 お坊さんの説法動画を見るetc

 又、先祖運もあります。お墓参りもおすすめです。上で書きましたが、ご先祖が好きだった食べ物を皆で食べるのも供養となります。

被同会:四緑

 被同会とは、その時期に注意すべき運勢を意味します。

 四緑には次のような意味があります。

優柔不断、連絡・報告、整理整頓

 いったん決めたことは簡単には変えないようにして下さい。決めかねることを安易に”決めた”
と発言しない心がけも有効です。

 なぜか、必要な事を言いたがらない・伝えたがらない行動となりがちです。コミュニケーションに抵抗が生じてしまうのかもしれません。

 それによって意思の疎通が円滑にならなかったり、貴方の状態が相手に伝わりにくくなります。

 面倒でも、メールやLINEなど、小まめに伝える癖をつけてください。

 特に、取引先やお客さん、上司に対しては小まめな連絡と報告が大事です。

 整理整頓に関しても面倒になるのか、軽視してしまうのか、あまり為されない可能性が出ています。

 必要以上にため込んでしまったり、引き出しやタンス、倉庫に押し込んでしまう傾向です。”見えなくする、、、”そのような傾向です。

 なるべく整理整頓を心がけてください。

前月・今月・来月

 8月9月共に学びと奉仕の運勢です。

 知識も体力、気力も蓄えて貯めるのが適切となる運勢です。そして、誰かのために何かを指し出すのもよい時期です。

 それに加えてこの9月は家庭運が生じます。家族との接点や会話を大切に、家族に奉仕する運勢です。

 9月は計画を立て、準備と調査の時期でもあります。

 次の10月にはスタートの運勢がやって来ますので、それを活かせるようにこの9月は計画を立てていってください。

まとめ

・エネルギーを補充、気力体力、健康
・力を乱用、無意味にムキに⇒地道で平和的な
・慈善活動、奉仕活動を
・家庭運、家族に優しく
・準備調査、計画を立てるチャンス
・受け身、サポート
・大地、母縁
・忍耐、柔軟性
・学問
・宗教哲学、心理学、オカルト
・先祖運
・優柔不断×、連絡・報告不足×、整理整頓を
・8月9月共に学びの運
・9月は家庭運と準備計画の運も加わる
・10月新規スタート運

 以上で三碧木星生まれ、2021年9月の運勢についてでした。 この9月もより良い月になりますよう、心からお祈りいたします。

 下記も併せてご覧ください。

スポンサーリンク
占いHosoをフォローする
占いHoso

 九星気学や四柱推命など、東洋の占いにタロットカードを合わせて判断するスタイルをとっています。

 ちょっと変わったやり方です。(九星気学、四柱推命+易、又は西洋占星術+タロットが王道)

 鑑定歴20余年の本業占い師です。鑑定した人は数千人以上だと思います。

 悩み事や相性はもちろん、経営、子宝、建築、命名など様々な案件を経験しました。

 このブログでは、毎月・毎年の運勢、開運の方法、開運グッズなどを紹介していきます。

 運勢を理解活用して少しでも良い人生を導きたい、そんな方にお届けしたいと思っています。

占いHosoをフォローする
占いHoso

コメント

タイトルとURLをコピーしました