6月の運勢(総合)【四緑木星】2022 【九星 タロット】占い

毎月の運勢

 四緑木星生れ、2022 年 6月 の運勢。 九星と タロットの判断です。

概要

・7月のスタート運を踏まえ、準備と調査に当てる6月
・心身に対する認識のズレに注目→自分に厳しく自分を鼓舞する時、v字回復
・移動の運あり→まだ準備段階、7月8月がチャンス
・女性は主導権を握り、平和と安定を維持する役目を
・男性は誰かに従う時
・安定継続のススメ、特に家事を
・平和優先
・物づくりや生産性に注目を
・やる気のない人を励ます
・土の露出した場所がラッキー
・母縁あり
・信念や意思よりも平和と補佐が正解
・孤独を好まず家族との時間を優先
・仕事優先は×→家庭に集中
・目上との縁あり→平和対応と補佐サポート
・儀式や慣例を尊重
・前月5月に心身の充填・充電ができたならば、活動を始めるべき6月→但し実行には早いので、
構想を練るにとどめる6月
・次の7月は新規スタートの運勢あり→積極性と自己主張のススメ、実行のチャンスも

毎月の運勢は二本立てです。下記も併せてご覧ください。

今月は回座

 さらに詳しく見ていきます。

 上の段の九星盤(年盤)は、2022年の九星盤です。

 下の段の九星盤(月盤)は今月の九星盤です。

 お生れの四緑は下の段の九星盤で坤宮に巡ります。

 今月は坤宮回座の月運になります。

 カードはこの2枚が出ています。

ヒントや障害:
剛毅 (逆)
力、情熱、意志、意地(逆)→弱気、無気力、勇気や自信がない、押し切られる、疲労感

現状・予想:
カップの4 (逆)
疲れ、退屈、失望(逆)→やる気が出る、野心、目覚め/新しい目標、新しい知識、引っ越しや転職

スタートの準備を

 お生れの四緑は九星盤(月盤)の坤宮に入る6月です。

 坤宮には大地や地盤の意味がありますので、基礎を固めることに集中するのが良い6月です。

 準備や調査をする、、、といってもよいです。

 次の7月には新規スタートの運勢がありますので、新しい事が始まる&新しい事を始められる運勢が巡ってきます。

 それ故に基礎を固める・準備を整える、、、それが良い6月です。

 カップの4が逆位置(さかさま)に出ていますが、このカードにも新しい知識を収集して目覚める・野心を持つ、、、その意味が出ています。

 是非、新しい何かのために体勢を作っていく6月にしてください。

最も重要なのは「心身に対する認識のずれ」

 先、スタートのために準備を・・・そう書きました。確かにそれは重要な事ではありますが、それよりももっと大事なのが「心身に対する認識のずれ」です。

 貴方が思っているよりも気力体力が強くなっていく(回復していく)可能性です。或いはすでに強くなってきている可能性です。

 しかし、とうのあなた自身は「自分は疲れている」「今一つやる気になれない、、、」という認識、つまり誤解をしている可能性があります。

 運勢的には認識のズレがあり得ますので、出来るだけ自分に厳しく「頑張ろう」「できるはず」、、、そのように言い聞かせて自分を鼓舞していくことがお勧めです。

 自信を持つべき、、、そのような言い方もできるかもしれません。

 カップの4と剛毅のカードが出ています。どちらのカードも力を意味します。気力や体力です。

 しかし、カードの出方が矛盾しています。これは、貴方の気力体力とそれへの認識が矛盾しているさまを暗示します。

 カップの4のカードを見てください。木にもたれかかって、退屈そうに・疲れた表情で座っています。頭上には成果の果実があるのにそれには手を伸ばそうともしていません。

 いわゆる、弱気、失望、疲れている、、、その意味ですが、逆位置(さかさま)です。やる気が出つつある、体力も高まりつつあり、野心も高まりつつある、目覚める時、、、その意味です。

 つまり、徐々にそうなっていく可能性と、すでにある程度そうなってきていることを指します。

 一方、剛毅のカードです。これも力を意味します。絵では、女性がライオンを組み伏せているほどの力を暗示しています。

 しかし、逆位置(さかさま)です。弱気、無気力、勇気や自信がない、押し切られる、疲労感、、、その意味です。今、そのような心情・自分への認識であることを指します。

 前のカードが弱さの反対で強さ、もう一枚のカードは強さの反対で弱さ、、、その矛盾した状態で出ているわけです。

 気力体力が高まりつつあるのに、それに気持ちがついて来ていない・誤解している、、、その可能性です。 

 あなた自身が思っているよりも「もっとできるはず」ですので、まずはその「ズレ」を認識してください。

 そして、自分に対して厳しく接し、鼓舞することによって発展的となります。 

 「v字回復」「雨降って地固まる、、、」そのような意味ですし、自信も取り戻せます。ぜひ頑張ってください。

動くチャンスもあるが、、、

 お生れの四緑は九星盤の年盤(年単位の運勢)で、巽宮に入っています。

 ここに入りますと「移動」の運勢が生じます。引っ越しや転職です。小さく言うと出張や訪問、旅行や外出です。

 カップの4にも同じ意味が出ています。そのチャンスがありますので、ぜひ積極的に考えるのがおすすめです。

 但し、今月は坤宮といって、地盤固めの運勢ですので、準備段階にとどめるのもよい方法です。

 次の7月や8月には物事が展開していく運勢ですので、その時期に行動を合わせていくのがお勧めになります。

 つまり、焦らずにチャンスを待つ、まずは気力体力とそれへの認識を同調させるのが優先です。

主導権の所在は?

 剛毅のカードには力の意味がありますが、制圧や支配、主導権の意味があります。

〇貴方が女性で家族と暮らしている場合

 その場合はなるべく主導権を握ることを目指してください。 お生れの四緑は今月、坤宮に入っていますが、坤宮には家庭運があります。

 家庭を安定的に平和的にしていくことがお勧めですし、それが役目になる運勢でもあります。主導権を握っていくのがおすすめです。

 今年は一年間、巽宮という場所に入っていますが、「風」の意味があります。風のように一つの場所に留まらない傾向です。

 仕事で活躍するとか、出張や外出が多いなどして、家にいる時間が少ない傾向があります。

 家にいたとしても、心は外にあるかの如くの年運です。 しかし、この6月は家庭運が強い月ですので、家庭を優先したほうがよいです。

 家族との関係に注目・集中したほうがよいですし、家族をまとめる役目を担う時です。

 又、家の状態をよくする(整理整頓や掃除)のもおすすめです。

〇貴方が男性で家族と暮らしている場合

 剛毅のカードに描かれているライオンは貴方を指しています。

 女性に組み伏せられていますが、その状態がおすすめです。つまり、コントロールされる・制圧されるぐらいが丁度よいです。

 妻や子供、或いは親の意見に従う時です。合わせる時で、我を張ったり・意地を張る時ではありません。

 家庭における信念は向かず、同調が向く運勢です。主導権を渡す時です。

 カードには頭上に果実が描かれていますので、それに手を伸ばすことがお勧めです。手を伸ばすとは簡単な事や慣れた事をやっていく、、、その意味です。

 坤宮は家庭運を意味しますので、家事の中で得意な事をやっていくことがお勧めです。それが日課になると、なぜか体も心も軽くなり、やる気も出てきます。

 毎日の掃除など、ぜひ実践してください。 

【一年間の運勢】2022年【四緑木星】

回座

 その他、回座の坤宮には次のような意味もあります。

安定継続のススメ

 坤宮は安定継続の意味がありますが、坤宮には家庭運の意味もありますので家事がおすすめです。

 家事を継続的にこなしてください。

 面倒だな、、、と思えた時には、カップの4に、慣れた事・簡単な事、、、その意味がありますから、それを継続的に続けるのが良いです。

 もともと続けてきた家事も再確認がおすすめです。

 今年は巽宮に入りますが、例年よりも家庭面に関心が低くなる年なので再確認がおすすめです。

平和

 職場でも家庭でも平和を優先していってください。

 信念や意思は封印する時です。自分が正しいと思ったとしても、この月は平和を優先です。

生産育成

 坤宮は生み出す大地の意味がありますので、物づくりや指導育成がおすすめです。

 料理やDIYなどの物づくりです。

 生産性向上に関心を持つのもおすすめです。仕事上のそれはもちろんですが、趣味や家事にも当てはまります。

 年運は巽宮で几帳面の意味がありますから、道具類やデータを整理整頓して、無駄をなくすのが良いです。

 無駄な工程や材料の無駄をなくす工夫などです。

 又、育成の運勢もありますが、人を教え育てる運勢です。

 カップの4を見ますと、教えるべき相手のやる気がないのかもしれません。それを感じたならば、是非、励ますようにして下さい。

 逆位置ですので、実際はやる気が出つつありますし目的意識も見出せつつありますので、少し背中を押すだけで育っていくはずです。

 部下や後輩、お子さんがそれです。

 剛毅のカードには注意です。押さえつけている姿ですから、命令的だったり支配的ですと育成には逆効果です。

大地・母縁

 坤宮は大地の意味があります。土の露出した場所がおすすめです。ラッキープレイス、運気の充填につながります。

 土の露出した場所に散歩に出かけてください。ピクニックやハイキング、BBQ、登山などでもよいです。

 母縁もありますので、会いに行くとか連絡をするのがおすすめです。既に他界されているようでしたら供養の勧めです。

 お墓参りやお供物を供える、生前好きだった食べ物をかわりに食べるのも供養になります。

被同会:六白金星

 被同会とは、その時期に注意すべき運勢を意味します。 

信念や意思、向上心×

 この時期は意志や信念を強く持つ時ではありません。平和を優先する時です。

 どんなにあなたが正しくとも、それに固執するのは独りよがりとなります。今はです。

 又、向上心もお勧めしにくい時です。向上心そのものはとても大事な事ですが、今は安定性や現状維持、水平飛行がおすすめです。 まだ早いです。

孤独を好む×、仕事優先×

 孤独を好む、一人時間を好み優先する、、、それはあまり良くない月です。

 坤宮は家庭運を意味しますので、家族と一緒にいる時間を優先してください。

  又、人をサポートして保護する意味の運勢でもあります。つまり、他人ありきの運勢です。孤独を好む事は避けてください。

 それに似ていますが、仕事を優先するのもよくないです。仕事のみに集中して家庭が視野に入ってこないのはいけません。今はです。

 なるべく早く帰宅して、家族と一緒の時間を大切にしてください。少なくとも休日は仕事の事を考えてはいけません。

目上

 カップの4が出ていますので、目上や上司にやる気が見られないのか、或いはやる気が空回りしているのかもしれません。

 又或いは、剛毅のカードですから支配的で横暴な上司を指しているのかもしれません。

 たいていの会社にはそのような人が一人や二人いるものですので、影響されないように心がけてください。

 この時期は平和対応があっている運勢ですので議論などは避けてください。

 又、坤宮は補佐やサポートの運勢でもありますから、やる気のない(空回り)、支配的な上司だったとしても気遣いや補佐を心がけてください。

神仏や儀式を尊重

 六白金星には神仏や儀式、占いなどのオカルトの意味がありますので、それらを軽視しやすい傾向でもあります。

 「何の意味があるのか?」そう思える事柄、例えば儀式や慣例などをなるべく尊重してください。

 特に家族や先祖が大事にしてきた習慣などを軽視しない事が大切です。

例)毎年正月にはみんなで集まる、第一日曜日にはカレーを食べるetc

前月・今月・来月

 前月の5月に心身の充電や重点、温存が成されたのでしたら、この6月は活動を始めるべき運勢です。

 再会のチャンスだったり、スタートへの準備のチャンスです。  

 気力面のv字回復を目指してください。

 但し、自己主張や考えを行動に移すには少し早いです。構想を練る段階・計画を進めていく段階にとどめるのがおすすめな6月です。

 又、自分の事よりも人をサポート補佐することを優先したい月でもあります。

 次の7月は新規スタートの運勢が巡ってきます。何事に対しても積極的に対応してください。

 自己主張も向く7月です。ここ数か月間貯めてきた思いや計画を「爆発させるかの如く」実行に移すチャンスが生ずる7月です。

 活発に活動していってください。

 今月もより良い月になりますよう、心からお祈りいたします。

 下記も併せてご覧ください。

スポンサーリンク
占いHosoをフォローする
占いHoso

 九星気学や四柱推命など、東洋の占いにタロットカードを合わせて判断するスタイルをとっています。

 ちょっと変わったやり方です。(九星気学、四柱推命+易、又は西洋占星術+タロットが王道)

 鑑定歴20余年の本業占い師です。鑑定した人は数千人以上だと思います。

 悩み事や相性はもちろん、経営、子宝、建築、命名など様々な案件を経験しました。

 このブログでは、毎月・毎年の運勢、開運の方法、開運グッズなどを紹介していきます。

 運勢を理解活用して少しでも良い人生を導きたい、そんな方にお届けしたいと思っています。

占いHosoをフォローする
占いHoso

コメント

タイトルとURLをコピーしました