9月の仕事・金運【九紫火星】2021【九星気学 占い】吉凶方位

毎月の運勢

 九紫火星生まれ、2021年9月の仕事運、金運、吉凶方位etcについてです。

毎月の運勢は二本立てです。下記、【総合運】も併せてご覧ください。

八白同会・兌宮回座、剣の7(逆)・皇帝(逆)

 上の段の九星盤(年盤)は、2021年の九星盤です。

 下の段の九星盤(月盤)は、9月の九星盤です。

 お生れの九紫は下の段の九星盤で兌宮に回座します。

 その兌宮には上の段の九星盤で一年間、八白がいますので、八白同会といいます。

 9月は八白同会・兌宮回座の月運になります。

 カードはこの2枚が出ています。

ヒントや障害:
皇帝 (逆)
上はリーダーシップがない、信頼できない、指導力も行動力もない上

現状・予想:
剣の7 (逆)
愚かの反対、問題解決、良い知らせ、知恵と努力が成果を、自分がアドバイザー・指導者に

仕事運

良い仕事運、問題の解決

 剣の7が出ていますが、このカードは本来、愚かさや卑怯さ、問題の発生、対人トラブルなどの意味があります。

 逆位置ですと正反対の解釈をします。つまり、良い運勢という事です。

 総合運でもよい運勢が出ていましたので、この9月は自信と希望をもって活発に頑張ってください。時間を無駄にしてはいけません。

 もし、今現在、問題を抱えている人は良い方向に向かっていきます。解決の可能性が高いです。

 回座する兌宮にも達成や結果などの意味があって、これまでの努力や工夫が成果や結果に到達できる吉運です。

 今までの努力や工夫などを仕上げるような気持ちで、「詰め」を進めるとか、「締めくくり」の段階に入るような心がけを持ちますとなおさらよくなります。

アドバイザーになる

 皇帝のカードが逆位置に出ていますが、これは、上司や経営者など上の立場の人々が今一つリーダーシップに欠けることを指します。

 基本的に上を信頼したり、あてにするのはやめたほうがよいです。

 むしろ、ご自身がリーダーシップをもって、下を動かしたり、下を指導するような気持ちの方がうまく行きます。

 上の判断を待たずに、自己判断で勧めたほうが良くなります。

 ただし、独断でやりますと上がひがみます(嫉妬)ので、こまめに連絡と報告を入れてください。

 形式上の了解を得る方法です。

 上に対して「これこれ、このような方針で進めたいのですが、いかがですか?」といった具合です。

 そこでゴチャゴチャとケチをつけて来たならば、一応、聞いたふりをして、実際の現場では自分の裁量で進めてください。

 そのほうが成果も上がりますし、下からの信頼もアップします。そして、その褒美を上に指し出せば文句もなくなることでしょう。

 下へのアドバイスに関しても、上への報告に関しても大事になってくるのが「言葉」です。

 回座する兌宮は批判的な口調の意味がありますから、決してケチを付けたり、批判的な口調は避けてください。

 バカにしたような口調は言語道断となり、せっかくの吉運を損ねますので、そのあたりだけは注意してください。

仲介役と同時進行

 上のアドバイザーや指導者になるべき、、、その意味と関連しますが、同会する八白には仲介役・中継役・調整役の意味があります。

 それらの役目を担ってください。一見、板挟みになるかもしれませんが、むしろそれがチャンスです。

 下を指導するチャンスになるという事ですので、上と下の間に入って、うまくまとめる事こそがご自身の評価をupさせ、結果にもつながります。

 これは上下の間に入るだけではなくて、取引先や顧客と自社との間に入ることも該当します。

 是非、この時期は仲介役、橋渡し役を担ってください。

 又、八白には同時進行、掛け持ちの意味もあります。

 何か一つの事や一人の人、一社だけに集中することなく、いくつかを同時にかけ持ってください。

 同時進行がおすすめです。

締めくくりの重要性

 回座する兌宮にはゴールや達成の意味があります。

 もともと、兌宮というのは収穫の秋を意味しますので、熟した果実を収穫しなければいけません。

 適期を遅らせれば腐り落ちるからです。

 仕事でいうと、最後までしっかりと仕上げげることが大事です。詰めが甘くならないように最後までです。

 最終確認を十分にするとか、片付けや掃除を終わらせて締めくくるなど、最後の最後まで気を抜かないようにして下さい。

金運

金運良好、臨時収入なども

 兌宮に回座しますので、基本的に金運は良好です。楽しみです。

 臨時収入や報酬アップのきっかけをつかめる吉運です。実際に臨時収入や報酬アップする人もいます。

 多くはそのきっかけづくりなので、先に書きました上を当てにせずに下を指導したり、業務を同時進行させることによって、きっかけの可能性が高まります。

 一つ注意があるとすれば、兌宮には贅沢での浪費、娯楽での過剰な支出、飲食の贅沢、異性での出費。

 、、、これらの意味がありますから、それらには節度や限度を大事にしてください。

貯蓄運と倹約

 八白には貯蓄運の意味があります。

 なるべく決まった額の貯蓄を心がけてください。積み立て貯蓄を始める好機でもあります。

 又、この八白というのは倹約の意味がありますから、無駄なお金の使い方をせず、倹約を心がけますと金運もアップします。

 剣の7には愚かな出費の意味がありますが、逆位置ですのでその反対です。

 賢いお金との接し方、、、その意味です。

 実際にそうなるでしょうが、賢さを再確認するとさらに良くなります。つまり、「賢くない」使い方を見直すと金運がアップします。

 無意味なサブスクや何も考えずに継続購入している日用品、削減できそうな光熱費・スマホ代金などです。

中古品、不動産・相続

 八白には中古品の吉運があります。

 不用品をフリマやリサイクルショップに出してお小遣い稼ぎをしたり、中古購入で経費削減などが良いです。

 小銭が入ったり節約できたりが金運upに直結するわけではなくて、良い流れでお金を回すことが金運アップにつながるという事です。

 又、八白には不動産や相続の意味があります。

 不動産を所有していたり、相続を受ける可能性があるならば、その資産価値を調べてみるとか、税制や法令の知識を得ておくのが良いです。

趣味が実益に

 プロ級の趣味をお持ちでしたら、副収入につながらないか検討してください。

 ○○教室の先生を目指してみたり、ユーチューブでノウハウの解説をする、物づくりを販売できるアプリ「ミンネ」を活用してみたりです。

 2022年は情報発信のチャンスがありますので、youtubeやブログの構想を持っている人は今からどんどん進めて精度を高め・煮詰めていってください。

健康

 同会が 八白で、回座が兌宮 ですので、下記のような事柄に関係があります。

北東【艮宮】定位:八白
耳、鼻、腰、関節、背中、瘤、手足、指
西【兌宮】定位:七赤
気管支、右わき腹、肺、口腔、喉、陰部、刃物傷

・腰や足:冷やさないように、姿勢の悪さ×
・二つ対の器官:耳、目、手足etc⇒早めに対処
・呼吸器:乾燥に注意
・口腔ケア、刃物の取り扱い

※その他、上の表に関することで心配なことがあったならば、早めに対処していくと安泰です。

ラッキーアイテム

 ラッキーアイテムとは、購入などの入手はもちろんですが、手入れ・メンテナンス・知識の習得、使い方の習熟などが該当します。

【艮宮】定位:八白土星
中古品、古いもの、土地不動産、貯蓄、長期保管・収納(金庫・倉庫etc)、コレクション、お墓、一対のもの(箸、靴、ピアスetc)、積み重ね・繋ぎ合わせたもの(傘、すだれ、積み木・レンガ・稼働アームetc)、陶器、岩、溶岩、牛・虎(絵や置物)
【兌宮】定位:七赤金星
金属、貴金属、刃物、道具・工具、キッチンツール、楽器、鐘、マネー、娯楽や美に関する全般、贅沢品、豪華なもの、おしゃれ、口に関するもの(マスク、口紅、オーラルケア用品etc)、鳥・白虎(絵や置物)

・中古品全般、一対の物、先祖の物
・貴金属、金属製品、刃物道具類、キッチンツール
・口腔ケア用品

※その他、上の表に関するものの購入、手入れ、知識の習得がおすすめです。

ラッキーフード

【兌宮】定位:七赤金星
辛味、鶏肉、コーヒー、ココア、紅茶、牛乳、酒

ラッキーカラー・ラッキーナンバー

【兌宮】定位:七赤金星
赤・白・シルバー・ゴールド、4・9

月の吉凶方位

 最後に吉凶方位について解説いたします。

 まず、方位の見方ですが、次のような方法です。

【方位の見方】

  • 東西南北の4方位は、開き角が30度
  • それ以外は60度
  • 引っ越しは 年盤をメインに使う
  • 旅行や買い物は月盤をメインに
  • 年盤と月盤がどちらも吉ならば、引っ越しや旅行で開運
  •       〃   凶ならば、引っ越しで災厄、災難

下の動画で詳しく解説しておりますので、是非一度ご覧ください。

方位盤(年盤、月盤)

 左上の方位盤は2021年の方位盤(年盤)といいます。

 右上は9月の方位盤です。右下は10月の方位盤です。

 グレーの部分は万人共通の凶方位で、赤は生れ星特有の凶方位です。

 ブルーが吉方位、白は吉凶なしです。

9月

 9月は、北がおすすめになります。逆に、南東はいけません。年単位でも月単位でも凶方位になっています。

 その方位に向かって引越しや旅行などは避けてください。

 どうしても、引っ越しをしなければならない、、、という場合は神社やお寺で「方位除けの祈祷」を受けると効果的なのでおすすめです。

10月は六白の年・六白の月なので、年盤・月盤が重なります。(吉凶方位が強調され)

 今年は六白金星の年ですが、10月は六白の月ですので年単位も月単位も吉凶方位がほとんど重なります。

 その為、方位の吉度合いも凶度合いも強くなりますので、そのようにご理解ください。

 凶方位へ引っ越しや旅行をしないほうが良くなります。

 逆に、吉方位の度合いも強くなりますから、その方位に向かって引越しや旅行をしますと開運につながります。

  • 10/16、、、北と西が大吉
  • 10/8,17、、、東が大吉
  • 10/13、、、西が大吉

 これらの日は年単位+月単位+日単位で全て大吉になりますから、特におすすめです。

 九星学ではお水取りや祐気取りといって、有名な開運方法です。

 神社仏閣・開運スポット・温泉などに旅行してください。できるだけ長距離で数泊の期間がおすすめです。 

 以上、九紫火星生れ、9月の仕事・金運・吉凶方位についてでした。

 この9月もより良い月になりますよう、心からお祈りいたします。

 ↓は全体運、総合運です。今回の記事と併せてご一読ください。

スポンサーリンク
占いHosoをフォローする
占いHoso

 九星気学や四柱推命など、東洋の占いにタロットカードを合わせて判断するスタイルをとっています。

 ちょっと変わったやり方です。(九星気学、四柱推命+易、又は西洋占星術+タロットが王道)

 鑑定歴20余年の本業占い師です。鑑定した人は数千人以上だと思います。

 悩み事や相性はもちろん、経営、子宝、建築、命名など様々な案件を経験しました。

 このブログでは、毎月・毎年の運勢、開運の方法、開運グッズなどを紹介していきます。

 運勢を理解活用して少しでも良い人生を導きたい、そんな方にお届けしたいと思っています。

占いHosoをフォローする
占いHoso

コメント

タイトルとURLをコピーしました