7月の運勢(総合)【九紫火星】2022 【九星 タロット】占い

毎月の運勢

 九紫火星生れ、2022 年 7月 の運勢。 九星と タロットの判断です。

概要

・仲介や掛け持ちの運あり→選択が重要に
・変化運あり→6月との切り替えが重要
・嘘を見抜く目を持ちましょう
・スキャンダルの芽を作らない事
・根気と粘り強さが重要
・新旧交代革命変化→過去にこだわらず習慣を変える
・後進(部下や子供)に任せる機会があり得るが、、、→信用できないので、警告する+先回りの対処で安泰
・早めの着手を
・歴史に学ぶとき→過去の失敗を繰り返さない事
・先祖運、土地不動産運あり→先祖供養、土地不動産の管理や調査、相続に関する基礎知識を
・学びが大切、資料を確認しましょう
・流されてはいけない
・隠し事を作らない
・前月6月にお金を使ったり遊んだ人は切り替える7月→節約や地道、地味な生活を心がける7月にしましょう
・次の8月は活発な運勢、直感もさえる→物事が表に出るので秘密を作らない7月に

毎月の運勢は二本立てです。下記も併せてご覧ください。

今月の九星盤とタロットカード

 さらに詳しく見ていきます。

 上の段の九星盤(年盤)は、2022年の九星盤です。

 下の段の九星盤(月盤)は今月の九星盤です。

 お生れの九紫火星は下の段の九星盤で艮宮に巡ります。

 今月は艮宮回座の月運になります。

 カードはこの2枚が出ています。

ヒントや障害:
コインのペイジ (逆)
学びへの意欲が無い?何かがつまらない?/非現実的な夢追い?/贅沢や浪費、報酬への不満?

現状・予想:
月 (逆)
二つのなにか(人・事・選択肢)→安全と危険/嘘やスキャンダル→逆⁼未然に防げる、見抜ける、軽度/移り気

選択の重要性

 この7月、お生れの九紫火星が九星盤(月盤)の艮宮に入ります。

 艮宮には仲介斡旋、掛け持ち、同時進行、板挟みなどの意味がありますので、仲介役を担うのがお勧めになります。世話役とか幹事役などもそうです。

 その中で、どちらを選ぶか?それが重要になる運勢です。二者択一の重要性です。

 月のカードも出ていますが、意味は艮宮と似ています。 絵を見るとわかりますが、二つの塔が描かれていて、一方には火の粉、もう一方は無事です。

 一方を選べば安全安泰、他方はそうでない、、、という意味合いです。

 但し、カードが逆位置(さかさま)に出ていますので、仮に危険があったとしても軽度で心配無用、、、その意味でもあります。

 加えて、逆位置(さかさま)イコール、危機を未然に防げる意味でもありますので、過度の心配は不要です。

 先のようにどちらが良いのかを見極めれば大丈夫です。逆に言いますと、両方とも同じような見方・かかわり方をしてはいけない、、、という意味でもあります。

 二者択一・二つのなにか? 

 、、、それは人や物事、選択肢を指しますが、例えば

 一方が危険で一方が安全、

 一方が嘘つき、一方が将来性がないetc

 そのような意味合いです。より良い方を選んでください。

 難しいのはこれから二本に分かれる分岐点に立たされるわけではない、、、という事です。

 どちらかを重視すべきなのは変わりませんが、掛け持ちの運勢自体がありますから、両方とそれなりに関わる可能性があります。7月はです。

 分岐点ではなくて両方かかわりがあることが難しい所ですので、取捨選択ではない事に注目してください。 言い方を変えると捨てたい方を捨てられない(取捨選択ではない)という意味です。

 仲介や掛け持ちのを継続していく中で、より良い方を重視してください。

6月とは切り替える

 艮宮は変化運もあります。切り替えの必要性を意味します。

 色々な事に対して6月とは切り替えていく事を目指してください。

 例えば、遊びに割く時間やお金の使い方です。この7月は地道な実生活を心がけるのがおすすめな運勢です。

 コインのペイジのカードが逆位置(さかさま)に出ていますが、もともとは学生の意味があります。

 逆なので学習意欲が低いとか、日々の生活がつまらない、非現実的な夢ばかりを追い、浪費傾向などの意味です。

 前月の6月は兌宮と言って娯楽の運勢がありましたので、余裕があったとか楽しめた・お金を使った(使えた)可能性があります。

 しかし、この7月は艮宮に入って運気が切り替わりましたので、頭も生活習慣も切り替えるのが大事です。

 必要な学びや地道な家事など「実生活」を大切にしていきましょう。

 非現実的な夢追いはいけませんし、6月よりも節約が必要な7月です。

学びへの意欲が無い?何かがつまらない?/非現実的な夢追い?/贅沢や浪費、報酬への不満?

嘘を見抜く目も

 艮宮には仲介運があると書きましたが、人との間に入って世話をする役目や幹事のような役割を担う可能性もあります。

 その中で、月のカードが言うように嘘を見抜く必要性もあります。カードが逆位置(さかさま)に出ていますので、未然に見抜けるとは思いますが、見抜こうとする意識は必要です。

 特に、お金が絡む事柄や異性、現実感のない事に翻弄されないように注意しておけば安心安泰です。

 又、あなた自身も嘘をつかない事やスキャンダルの芽を作らないように心がけるのもよい方法です。

 やや、隠し事が出来やすいとか、隠し事が表に出やすい運勢がありますので人に言えない事を作らないように気をつけましょう。

 もともと、お生れの九紫火星は、今年、離宮といって、九星盤の頂上に居ます。

 この場合、良くも悪くも物事が表面化しやすい運勢ですので、スキャンダルを作ればすぐにばれてしまう可能性です。気を付けておけば安心です。

根気と粘り強さを

 艮宮は根気や根性、粘り強さの意味があります。一つ所にとどまり、何か一つの事を根気よく頑張ることで成功するタイプの運勢です。

 一方、月のカードは移り気の意味が出ていて、年運の離宮には飽きっぽさの意味があります。

 今年は、少し熱しやすく冷めやすい、、、飽きっぽい傾向が生じやすいです。

 この7月は根気が発展のカギですので、それを重視してください。

 どんなことでも途中でやめたり、集中力が低下してしまいますとミスや損失を呼びやすいです。後悔に繋がったり、或いは評価を下げるかもしれません。

 もう「飽きたな~」「違う事をしたいな~」と思ったときこそ根気を持って頑張ってください。それが発展につながりますし、周囲からの評価up・人気アップにつながります。

回座

 その他、回座の艮宮には次のような意味もあります。

後進に任せるが、そのままだと危険も

 艮宮には新旧交代革命変化の意味がありますので、過去にこだわらず、習慣を切り替えていくことがお勧めです。

 又、交代ですから、何かの事情で貴方の役目・仕事を後進(部下や後輩、お子さん)に任せる可能性もあります。但し、ある一定の注意が必要です。

 その任せる後進には、コインのペイジのカードの意味があるからです。

 このカードには学習意欲が無く、現実味もない、お金にもルーズ、、、その意味があります。

 つまり、後進がミスをしやすい可能性です。それをあらかじめ想定しておけば問題を回避できます。

 十分な警告を与えて、失敗やミスを予測して貴方が先回りすることで無事になります。

 何かのミスをするだろうな、、、そう想定しておけば大丈夫です。

 「あの仕事はもう終わった?」「あの案件、今日中に確認するはずだよね?」などの声掛けです。

 書類の不備など当然の事と予想して、あなた自身が十分にチェックをすることです。

 そこまでの可能性が予想できますので、もし、本当に部下やお子さんがミスをしたならば、それを防げなかったあなたの責任でもある、、、そうなってしまいますので、先回りで回避してください。

早めに取り掛かる

 艮宮に入りますと、何事においても取り掛かるのが遅くなる傾向があります。

 ○○日or○○時頃から始めれば間に合うはずだよな~、、、という状況でも前倒しをして着手してください。

 遅刻や納入遅れに注意して安泰となります。先のように早めの着手もよい方法ですし、なるべく早めに出発をする・スケジュール管理をしっかりとする・スマホのリマインダーやアラートを活用するなどが有効です。

月破に警戒し過去の歴史に学ぶ

 艮宮には歴史や古い事柄の意味もありますので、それを参考にするのもよい方法です。

 7月というのは未(ひつじ)の月ですが、その正反対の丑(うし)を「月破(げっぱ)」と言います。

 丑は北北東の方位で、7月はそこにお生れの九紫火星が入っていますので、九紫火星の皆さんは月破を受ける月です。

 艮宮に月破なので、艮宮に関係することに注目して注意すると安泰です。

 艮宮は歴史や古い事柄の意味がありますが、先のように板挟み、後進などの意味もあります。それらに注目して警戒しておけば安全安心です。

 板挟みや後進については、すでに述べましたが、この歴史にも注目してください。

 いわゆる、同じ失敗を繰り返しやすい運がありますので、それに警戒心を持っておけば安心です。

 あなた自身の過去の失敗を振り返るのはもちろんのことですが、業界全体や会社自体の過去の失敗を振り返るのも有効ですし、親や祖父母の失敗も振り返って同じような事をしないように気を付けておけば安泰です。

先祖縁、土地不動産、相続

 先祖に関してはお墓参りや先祖供養がおすすめです。 お供物を供えたり、ご先祖が生前好きだった食べ物をかわりに食べるなども供養になります。

 土地不動産の管理や調査、相続に関する税制や法令の基礎知識を得ておくのも有効です。

被同会:一白水星

 被同会とは、その時期に注意すべき運勢を意味します。 

学び不足?

 一白水星は学問の意味を持つ星です。被同会ですから、それが不足しやすい可能性です。

 なるべく学ぶ姿勢を大切にしてください。 特に必要な資料を確認することです。下調べをしておくことや基礎知識を得ておくことが重要です。

 細かな資料を調べる必要があって、それを面倒がって部下に任せてしまうのは良くありません。知識を蓄える姿勢が◎です。

流されず

 一白水星は字のごとく水の五行ですので、一度流されてしまいますと「とめどなく」という傾向があります。

 月のカードが言うように危険な事に流されてはいけません。危ない事をしようとする誰かに「つられる」のが良くないという意味です。 流されないでください。

 又、お金に関することや異性に関することについても流されないように気を付けておけば安泰です。

隠し事を作らない

 一白水星は陰陽の陰の意味があります。 物事を隠匿しやすい、、、その可能性もあります。

 つまり、隠し事が出来やすい運勢ですから、それを作らないように心がけると安泰です。小さなことでも、後々大きくなってしまう可能性ですから、隠さずに打ち明けましょう。

 もちろん、不正などの隠し事を作らないのが第一です。

 今年は離宮に入っていますが、物事が表面化しやすい運勢です。この時期に隠し事を作ってしまいますと、年内にばれると考えてください。

 お金や異性についての隠し事について、特に注意しておくと有効です。

前月・今月・来月

 前月6月にお金を使ったり、遊びの機会が多かった人は、それを切り替える7月にしていきましょう。

 7月は節制や節約でお金を貯める時です。遊びよりも地道で地味な生活が向く運勢でもあります。

 次の8月は情熱的で活発な運勢が巡ってきます。直感の冴えも生じていく運勢でもあります。

 物事が表に出やすい時期でもありますから、秘密を作らないように心がける7月にしていきましょう。

 今月もより良い月になりますよう、心からお祈りいたします。

 下記も併せてご覧ください。

スポンサーリンク
占いHosoをフォローする
占いHoso

 九星気学や四柱推命など、東洋の占いにタロットカードを合わせて判断するスタイルをとっています。

 ちょっと変わったやり方です。(九星気学、四柱推命+易、又は西洋占星術+タロットが王道)

 鑑定歴20余年の本業占い師です。鑑定した人は数千人以上だと思います。

 悩み事や相性はもちろん、経営、子宝、建築、命名など様々な案件を経験しました。

 このブログでは、毎月・毎年の運勢、開運の方法、開運グッズなどを紹介していきます。

 運勢を理解活用して少しでも良い人生を導きたい、そんな方にお届けしたいと思っています。

占いHosoをフォローする
占いHoso

コメント

タイトルとURLをコピーしました