【7月】仕事金運方位【九紫火星】2022 九星 タロット 占い

毎月の運勢

 九紫火星生まれ、2022年 7月 の 仕事運 、 金運 、 吉凶 方位 etcについて 九星学 と タロット で見ていきます。

毎月の運勢は二本立てです。下記、【総合運】も併せてご覧ください。

回座

 上の段の九星盤(年盤)は、2022年の九星盤です。

 下の段の九星盤(月盤)は、今月の九星盤です。

 お生れの九紫は下の段の九星盤で艮宮に回座します。

 今月は艮宮回座の月運になります。

 カードはこの2枚が出ています。

ヒントや障害:
カップの8
身を引く、別れ、去る、飽きる、興味を失う/目標設定が高すぎる/業務内容や任務が不確定

現状・予想:
剣の3
三角関係、対立に巻き込まれる?/別れ、厳しい態度や言葉、涙

仕事運

根気と粘り強さを

 お生れの九紫火星は九星盤の艮宮に入る7月です。 ここに入りますと、根気と粘り強さが出てきますし、それを基本的姿勢にしますと仕事運も全体運も発展的となります。

 しかし、カップの8を見ますと、飽きてしまう可能性も暗示しています。飽きて去る、、、興味を失い身を引こうとする、、、その可能性もあります。

 もし、そうなりそうになった時こそ、粘り強さと根気を大切にしてください。

 カップの8には高い山が描かれていますが、これは、目標が高すぎる可能性でもあります。

 目標の設定が高すぎるので飽きてしまう・去りたくなる、、、その可能性ですので、目標や数値を下方修正していく事も一つの方法だと思います。 そうすれば根気を保てて行けるはずです。

 又、カップの8を見ますと、業務内容や任務がくるくると変わりやすい可能性もあり得ます。担当が変わったり、現場が変わったりです。

 それに関しても無理をしない、高すぎる目標を持たない事が良い方法です。不慣れな事柄・場所ならば思い描いた目標・目指していた結果にたどり着けなくとも仕方のない事です。

 無理をしないとか、設定値の下方修正がおすすめです。 

仲介役→三角関係

 艮宮には仲介役や幹事役、世話役などの意味があります。それを担う可能性ですし、それをになったほうが良い、、、という運勢です。

 剣の3も出ていますが、艮宮とよく似ています。三角関係や板挟み、誰かと誰かの対立に巻き込まれる可能性もあり得ます。

 予想を立てておけば有効です。あの人だったらこうしそうだな、、、あの人とあの人が対立しそうだから、、、などの予想を立て対処法を事前に考えておくことが良い方法です。

 誰しも、板挟みに遭遇した時、「面倒だから関わらない様にしよう、、、」そう思うでしょう、、、カップの8のカードの絵のように、背を向けて去りたくなる思いが生ずると思いますが、運勢的にそれは難しいと思います。

 理不尽に思えるかもしれませんが、どうしても避けて通れない事がありますので、対処法を考えるのが適切です。

 板挟みに立たされた時には、形式的に中立を保ちつつ、どちらかに 注目することがお勧めです。

 どちらの上司、上司か部下か、A社かB社か、Aの案件かBの案件か、、、これら一方が貴方にとってプラスとなり、他方がマイナスとなる可能性です。

 又、板挟み状態は長く続かない運勢でもありますので、一時の事と考えてください。(去年は一年間続けて板挟み運がありましたが、それは既に脱していますので一時の事です。)

良縁は維持⇔悪縁は離別を

 剣の3には離別の意味がありますが、九星盤の年盤でも離宮に入っています。

 大事な縁は離別を避け、悪縁は離別を目指すのがおすすめです。

 貴方にとって大切な人、大切な人脈は維持するように心がけてください。

 ハートに剣が突き刺さっていますので、誰かの地雷を踏んで怒らせることに気を付けておけば有効です。

 どんな対応が相手の厳しい態度を招くのか予想しておくのが良いです。

 例えば、ある人は時間に厳しい・ある人は挨拶をしないと怒る・反応や行動が遅いと呆れられる

 、、、など、貴方が大事にしたい縁、その相手の気質性質を把握して、その人の地雷を踏まないように心がけておけば大切な縁は維持できる可能性が高まります。

 一方、貴方にとって悪縁ならば別れたほうが良いと思います。

 貴方のやる気を削ぐ上司や同僚、うるさいお客さん、不倫関係などです。貴方を一方的に傷つけるような人ともそうです。

 三角関係は簡単に解消しにくい運勢ですが、一対一の関係ならばそうではありませんので、よくない縁は離れることがお勧めです。

艮宮:

 その他、艮宮には次のような意味もあります。

  • 早めに取り掛かる
    作業に取り掛かるのが遅くなりがちなので、納期に余裕があったとしても早めに取り掛かるように心がけてください。
    出発も早めを心がけるのが良いです。
  • 先人を参考に
    艮宮は古い物や古いこと、古い人にヒントがあります。良い意味で参考になります。
    引退した人、引退直前の人を参考にするのがおすすめです。それらの人の仕事のやり方です。
  • 執着心をもたないこと
    物事に対してこだわりやすい運勢です。つまり執着しやすい、、、という事です。
    なるべく自由な発想を心がけてください。 発想の転換、視点の切り替えなどもです。

金運

180度切り替える

 お金に対するかかわり方を180度変える時です。

 前月6月と7月とでは180度切り替えがおすすめです。6月は贅沢や浪費の運勢が出ていましたが、この7月は節約・倹約・貯蓄の運勢ですので一気に引き締める事で金運はupしていきます。

中古品売買や転売

 新品ではなく中古品購入で経費削減、中古品売却益を求めるのもよいです。リサイクルショップやフリマサイトの利用です。

 又、仲介運がありますので転売もよいです。

土地不動産や相続

 土地不動産や相続について関心を持つのもよいです。

 それらの調査管理、法令等の知識を得るのもよい方法です。不動産投資に関心を持つのもよいです。

健康

 回座が ですので、下記のような事柄に関係があります。

北東【艮宮】定位:八白土星
耳、鼻、腰、関節、背中、瘤、手足、指、二つある器官(手足、目、耳、腎臓etc)

・腰などの関節→冷やさない事、不調時は早めに湿布薬やサポーターを
・二つある器官↑→特に首から上(目や耳)→早めにケアを 大きな音楽を聴かない→サングラスを使って太陽から目を守る
・背中が痛くなる寝具は交換

※その他、上の表に関することで心配なことがあったならば、早めに対処していくと安泰です。

ラッキーアイテム

 ラッキーアイテムとは、購入などの入手はもちろんですが、手入れ・メンテナンス・知識の習得、使い方の習熟などが該当します。

北東【艮宮】定位:八白土星
中古品、古いもの、土地不動産、貯蓄、長期保管・収納(金庫・倉庫etc)、コレクション、お墓、一対のもの(箸、靴、ピアスetc)、積み重ね・繋ぎ合わせたもの(傘、すだれ、積み木・レンガ・稼働アームetc)、陶器、岩、溶岩、牛・虎(絵や置物)

・中古品や古い物→売買やメンテ、修理
・一対の物↑
・古い美術品
・証書など法的効力のある書類→確認や保管

※その他、上の表に関するものの購入、手入れ、知識の習得がおすすめです。

ラッキーフード・カラー・ナンバー

ラッキーフード:
【艮宮】定位:八白土星
甘味、牛肉、タケノコ、キノコ、魚卵

ラッキーカラー・ナンバー
【艮宮】定位:八白土星
白・茶・黄色、5・10

吉凶方位

 最後に吉凶方位について解説いたします。

 まず、方位の見方ですが、次のような方法です。

【方位の見方】

  • 東西南北の4方位は、開き角が30度
  • それ以外は60度
  • 引っ越しは 年盤をメインに使う
  • 旅行や買い物は月盤をメインに
  • 年盤と月盤がどちらも吉ならば、引っ越しや旅行で開運
  •       〃   凶ならば、引っ越しで災厄、災難

下の動画で詳しく解説しておりますので、是非一度ご覧ください。

方位盤(年盤、月盤)

 左の方位盤は2022年の方位盤(年盤)といいます。

 右は今月の方位盤です。

 グレーの部分は万人共通の凶方位で、赤は生れ星特有の凶方位です。

 ブルーが吉方位、白は吉凶なしです。

7月

 東が大吉です。

東:7/13,14

これらの日は年・月・日、すべてが大吉ですので特におすすめです。

九星学ではお水取りや祐気取りといって、有名な開運方法です。。

神社仏閣・開運スポット・温泉などに旅行してください。できるだけ長距離で数泊の期間がおすすめです。湧水をもらって、自宅で9日間飲み続けるとさらに効果的です。
 開運につながりますので是非とも行ってください。

 逆に、南と南西はいけません。年単位でも月単位でも凶方位になっています。

 その方位に向かって引越しや旅行などは避けてください。(引越しは北も凶です)

 どうしても、引っ越しをしなければならない、、、という場合は神社やお寺で「方位除けの祈祷」を受けると効果的なのでおすすめです。

8月 

 今年は五黄土星の年ですが、8月は五黄土星の月です。

 方位盤の年盤と月盤が同じですので、吉凶方位の度合いが強くなります。更に下記の日は方位盤の日盤でも吉方位になりますので、是非お勧めです。

東・南東の両方:8/10,19,28
東のみ:8/9,18,27,9/6

これらの日は年・月・日、すべてが大吉ですので特におすすめです。

 一方、北と南は方位盤の年盤、月盤共に凶なのでその度合いが強いとご理解ください。引っ越しの場合は南西もよくありません。

9月

 9月は吉方位がありませんので、凶方位を避けるようにして下さい。

 特に、北と南が良くありませんので引っ越しや旅行を避けてください。

 以上、今月の仕事・金運・吉凶方位についてでした。

 今月もより良い月になりますよう、心からお祈りいたします。

 ↓は全体運、総合運です。今回の記事と併せてご一読ください。

スポンサーリンク
占いHosoをフォローする
占いHoso

 九星気学や四柱推命など、東洋の占いにタロットカードを合わせて判断するスタイルをとっています。

 ちょっと変わったやり方です。(九星気学、四柱推命+易、又は西洋占星術+タロットが王道)

 鑑定歴20余年の本業占い師です。鑑定した人は数千人以上だと思います。

 悩み事や相性はもちろん、経営、子宝、建築、命名など様々な案件を経験しました。

 このブログでは、毎月・毎年の運勢、開運の方法、開運グッズなどを紹介していきます。

 運勢を理解活用して少しでも良い人生を導きたい、そんな方にお届けしたいと思っています。

占いHosoをフォローする
占いHoso

コメント

タイトルとURLをコピーしました