9月の運勢(総合)【四緑木星】2022 【九星 タロット】占い

毎月の運勢

 四緑木星生れ、2022 年 9月 の運勢。 九星と タロットの判断です。

概要

・スピードがテーマに
→依頼や質問など来るものには迅速に対応
→自分のやりたい事や言いたいことはワンテンポ遅らす
・熟考のススメ→物事を深読み・斜め読み→点ではなく面や立体的にとらえる
・黙想のススメ→故人に思いを馳せる等
・若者や年下と積極的に関わる時
・急展開に備えることで安心安泰、早い乗り物を避ける
・計画は着実に進展している→希望を持ちましょう
・リーダー運+影響力の高まりを自覚
・周囲には差別なく平等に接する
・森林浴のススメ→背の高い木が特に◎杉やヒノキ
・改革のチャンスあり→仕事のシステムや生活のリズム
・激しい音や光を避ける時
・喧嘩×→即反応を避けると安心安泰
・熱しやすく冷めやすい時→すぐに公表や実行しない
・激しい音楽やスポーツを控える
・前月8月は移動の運勢が→今月9月は留まるのが◎
・前月8月は出会い運あり→今月9月は待つ姿勢が◎
・次の10月は発展向上と忙しさの運勢→仕事面が活発で忙しくなる可能性。
→今のうちからシステム改革で効率化を目指しておく

毎月の運勢は二本立てです。下記も併せてご覧ください。

今月の九星盤とタロットカード

 さらに詳しく見ていきます。

 上の段の九星盤(年盤)は、2022年の九星盤です。

 下の段の九星盤(月盤)は今月の九星盤です。

 お生れの 四緑木星は下の段の九星盤で 中宮に巡ります。

 今月は中宮回座の月運になります。

 カードはこの2枚が出ています。

ヒントや障害:
杖の8
スピード、急展開、早い乗り物/夢と希望、成功やゴールに近づく

現状・予想:
カップのペイジ
若者、年下、学生、子供/向学心、新しい目標、黙想、熟考

スピードがテーマになる運勢

 誰かからの要請や要望、依頼・質問には迅速な対応を心がけましょう。  スピード対応が重要です。

 一方、自分のやりたい事はスピードを出さない・ 一呼吸置く事が良い選択になります。 タイミングを遅らせるのがおすすめな運勢です。 言いたい事、つまり自己主張も焦ってはいけません。 

 スタート行動や自己主張は10月まで先伸ばしたほうが良い運勢です。 

 その理由は、お生れの四緑木星が九星盤(月盤)の中宮に入るからです。ここは、周りを囲まれている場所ですから、動き出すと壁にぶつかったり反対に遭遇しやすいからです。

 タイミングをずらせばスムーズに進展する可能性が高まります。

 要するに、来るもの(受動的な)にはスピードをだして、自分が行こうとする事柄(能動的な)はスピードを落とすのがお勧めになる、、、その意味です。

熟考のススメ

 物事に対して深読みをしていくのがお勧めです。 裏読み・斜め読みなどとも言えます。

 「あの人の言動には、実は別の意味があるのではないか?」とか「自分の今の感情は、過去の体験や環境、誰かからの影響によるものではないか?、、、」

 など、目の前にある事柄をそのまま理解・解釈するのではなくて、その裏にある物、その奥にあるものを深く見つめていくのがおすすめです。 

 その理由はカップのペイジがそれを言っているのもそうですが、中宮入る事も同じ意味です。

 中央に入る9月ですが、中心の運勢、中心的存在、頂点・天井から全体を見渡す運勢をも意味します。

 物事を点で見るのではなくて面、ないしは立体的に見る事が大切です。いわゆる、木を見て森を見ず、、、になってはいけないという事です。森を見てください。

 一つの事柄が全体にどのような影響を与えるのか? 今後の未来にどう影響するのか?などを読んでいく事です。

黙想のススメ

 黙想とは、wikiによると下のような解説がありました。 

目を閉じて静かに自らの内面に深く沈思し、故人や神や自分の信じる信仰における絶対的な存在と触れ合い、故人への思いや人生、生きることの意味について思いをめぐらす行為

wikipedia

 中宮にも「死生観」、、、その意味があります。

 自分の死生観について考えてみるとか、自分の死にざまをどうしたいか考えるなどもおすすめです。どのように死にたいか考える事によって、どのように生きればよいかわかってくる、、、その意味です。

 家族に看取られて死にたければ家族を大切にする事でしょうし、たとえどぶの中でも前のめりに死にたいと思うならば、常に自分を高め鍛えていく必要がある、、、などです。

 又、死生観ですから、終活に関心を持つのもよいと思います。

 他、亡くなったおじいさんやおばあさん、職場の先輩を思い返すのもよいです。

 以前、気付かなかったその人の行動について、その真意がわかる可能性もあります。 

 「ああ、あの時のあの行動は実はこんな意味があったんだな、、、」などです。

 貴方の年齢が亡くなった人の年齢に近づけば近づくほど、色々な事への見え方・感じ方が変わって来ると思います。

 そして、それらは貴方にとってプラスになると出ています。

若者や年下との接点・縁が 生じやすい運勢

 年下とはなるべく積極的に関わるようにしましょう。 それらの人から学べることや吸収できることがあり得ます。

 カップのペイジは学びの運勢ですから、年下を見下すことなく学び取ろうとする向学心を大切にしてください。

 被同会が三碧ですが、被同会とは注意したほうが良い事柄を意味し、三碧は年下や若者の意味があります。

 つまり、年下や若者に面倒をかけられることも あり得ますが、それでも積極的に関わるのがおすすめです。

 例えば、年下がが何かのミスをして貴方に迷惑をかける可能性がありますが、先読みをして注意を促したり、貴方が確認をしてあげるとミスを防げるはずです。

 又、反抗的な年下かもしれませんが、器を大きく対応してください。同じ土俵で言い合わない事です。

 中宮には度量という意味があるからです。度量を大きく持って受け止めてください。

スピード2

 物事が急展開・スピード展開になる可能性もあります。杖の8のカードが出ていますが、このカードにはスピードや急展開の意味があります。

 色々な事に対して「そなえ」をしていきましょう。

 仕事、人間関係、プライベートでも、これまでと同じペース・同じ展開になると甘く見ないで、いつ急展開しても困らない準備・対策がおすすめです。

 又、今月は四緑の月ですが、四緑木星には易の言葉で「巽為風(そん い ふう)」があります。

 要するに風の運勢です。台風対策もおすすめです。雨対策もそうです。

 壁や屋根のメンテナンスをして穴などがあれば補修をしてください。食料や水の備蓄もよいです。


 スピードなので早い乗り物には注意をしてください。スピードを抑える時です。

 自動車はもちろんですが、自転車や徒歩も同じくスピードを出さないようにしましょう。

 又、新幹線より特急列車、タクシーよりもバスや徒歩を選ぶなど、遅い方の乗り物を選択しましょう。

 加えて、左前方や左上に注意すると有効です。自動車の左前方や自分から見て左上の家具が倒れないように補強するなどです。

 更に左前方については、自分から見て左前方にいる人に注目するのもよいです。

 貴方の家から見て左前方に住んでいる人とか、貴方のデスクから見て左前方に座っている人物などです。

 信用し過ぎないとか、当てにし過ぎないなどが良い方法です。念のため、多少の警戒心を持ってください。

夢と希望、成功やゴールに近づく運勢あり

 何かの計画を進めている人は、確実に進展している事を表しています。

 中宮なので停滞しているように感じるかもしれませんが、着実に進んでいるので希望と自信を持ちましょう。

 特に 何かの計画を進めているわけではない人は、 夢と希望を持つ時です。

 中宮は行き詰まり感を覚える時でもありますが、もし、その気持ちになったならば、そのような時こそ夢と希望が大事です。

 小さくとも何かの計画や目標を持ちましょう。

 体重を少し減らそうとか、趣味の技術を少し高めようなどです。

 これまでよりも多くの距離を歩けるようにしたり、新しい料理に挑戦してみるなどもいい方法だと思います。

回座

 その他、回座の中宮には次のような意味もあります。

リーダー運+影響力の高まり

 中宮とは、九星盤の中央ですから 中心人物となる傾向があります。リーダー運、影響力の高まりでもあります。

 ぜひ、それを自覚していきましょう。

 貴方が迅速な行動をしていけば周りもスピード感が増していきますし、貴方が学ぶ意欲を見せれば、おなじく周りの人もそれに同調していきます。

差別なく接する

 中宮は九星盤の中心ですから、他の星と均等に接しています。周囲全体に対して親切に平等に接するように心がけましょう。

 又、家族と職場の人に対しても温度差を持つことなく、同じように親切に丁寧に接する時です。

 決して支配的にならないように気を付けると より良くなります。(中宮は、やや、支配的になりやすい運勢があります。)おせっかいになりそうなときに気を付けていくと有効です。

森林浴のススメ

 もし、閉塞感や行き詰り感を覚えた時には森林浴がおすすめです。

 中宮は周囲を囲まれている状態ですので、人によっては閉塞感を覚える可能性があります。

 お生れの四緑は五行の木で、特に背の高い木がラッキーになるので、杉やヒノキなどがある森や林でエネルギーを充填してください。

改革のチャンスも

 中宮には破壊と再生の意味もあります。 何かを壊して新しく作り直したほうがより良くなる可能性です。

 例えば、仕事の システムを大幅に変えたり、生活のリズムを変えてみるのもよい時です。

 仕事でいえばツールや手順を変えてみるなどがそうですし、生活でいうと食生活や睡眠習慣、運動習慣を切り替えるなどがそれです。

 「○○断ち」などもよいかもしれません。酒断ち、お菓子断ちetc

被同会:三碧木星

 被同会とは、その時期に注意すべき運勢を意味します。 

激しい音や光×

 三碧木星は「震為雷」と言って、雷の意味があります。雷鳴とどろく稲光なので音と光がお勧めできない運勢です。

 例えば、ライブ会場やコンサートホール、花火などがそれです。花火大会に行くならば、なるべく遠くから鑑賞するのがおすすめです。

 意外と知られていませんが、花火は鎮魂の意味が事の始まりです。江戸時代に疫病で多くの死者が出て、その霊を慰めるために始まりました。

 その為、心霊現象が生じやすいです。幽霊が集まってきやすいという事です。霊感の強い人などはそれで「もらってしまう」事もありますから、なるべく遠くから鑑賞しましょう。

喧嘩を避けましょう

 たとえ不快なことがあっても ぐに反応せずに一旦、自分に落とし込んで冷静になってから反応すると安泰です。

 自己主張を控えめにしたり、言い返すならばそのタイミングを遅らせるのが良いという意味です。

熱しやすく冷めやすい

 良いアイディアが浮かんだり、 何かやりたいことができたとしても、それをすぐに公表したり実行するのではなく、熟慮熟考したほうが結果が良くなります。

 熱しやすく冷めやすい運勢=気持ちや方針が変わりやすい傾向ですから、思い付きで公表や実効が良くないという意味です。

激しい音楽やスポーツを控える

 楽器の演奏や 音楽鑑賞の時には音量を抑えめにしましょう。

 スポーツも激しい物を避けて、十分な準備体操とクールダウンを心がけましょう。

前月・今月・来月

 前月8月は移動の運勢がありましたので、出張や訪問、旅行や外出の機会が多かった人もいるかと思います。
 その場合、この9月は留まるのがお勧めになります。 中宮は周りを囲まれた位置にいるので、動かない・留まる、、、それがお勧めになる運勢です。

 人間関係は受け身に、、、

 8月は出会いの運 がありました。自分から人に接していく事が多かった人は、この9月、逆のやり方ががおすすめです。自分から会いに行くのではなくて、会いに来てくれるのを待つ・連絡をくれるのを待つなどがおすすめです。つまり、受け身の姿勢が良いという事です。

 次の10月は発展向上と忙しさの運が生じていきます。

 仕事面が発展的で忙しくなる可能性です。

 今から準備できることがあるならばそうしてください。  システムやツールの改革で効率化を目指すとその運勢を活かせます。

 今月もより良い月になりますよう、心からお祈りいたします。

 下記も併せてご覧ください。

スポンサーリンク
占いHosoをフォローする
占いHoso

 九星気学や四柱推命など、東洋の占いにタロットカードを合わせて判断するスタイルをとっています。

 ちょっと変わったやり方です。(九星気学、四柱推命+易、又は西洋占星術+タロットが王道)

 鑑定歴20余年の本業占い師です。鑑定した人は数千人以上だと思います。

 悩み事や相性はもちろん、経営、子宝、建築、命名など様々な案件を経験しました。

 このブログでは、毎月・毎年の運勢、開運の方法、開運グッズなどを紹介していきます。

 運勢を理解活用して少しでも良い人生を導きたい、そんな方にお届けしたいと思っています。

占いHosoをフォローする
占いHoso

コメント

タイトルとURLをコピーしました