9月の仕事・金運【三碧木星】2021【九星気学 占い】吉凶方位

毎月の運勢

 三碧木星生まれ、2021年9月の仕事運、金運、吉凶方位etcについてです。

毎月の運勢は二本立てです。下記、【総合運】も併せてご覧ください。

二黒同会・坎宮回座、戦車(逆)・剣のエース

 上の段の九星盤(年盤)は、2021年の九星盤です。

 下の段の九星盤(月盤)は、9月の九星盤です。

 お生れの三碧は下の段の九星盤で、坎宮に回座します。

 その坎宮には上の段の九星盤で一年間、二黒がいますので、二黒同会といいます。

 9月は二黒同会・坎宮回座の月運になります。

 カードはこの2枚が出ています。

ヒントや障害:
杖のエース
スタート(学びや奉仕の習慣)、新チャンス、冒険、会の結成

現状・予想:
戦車 (逆)
力(頑張る)・勝ち負け、、、向かないがこだわる、そして負ける。計画の不備で挫折

仕事運

争いや競争に向かない時期

 この9月は意味のないライバル心、同僚などに対する嫉妬心を持たないように心がけてください。

 この時期の競争や対立は向きません。それそのものが無意味であることも言えますが、負けてしまうであろう、、、という事も言えます。

 戦車のカードは逆位置に出ていますので、敗北の意味です。

 回座の坎宮は、待つとか、耐えるとか受動的です。能動的ではありません。

 同会の二黒も補佐、受け身などの受動的な意味です。さらにこの星自体に「平和」という意味があります。

 自分が活躍するよりも人を伸ばし育て、活躍させる側で平和を維持する気質です。

 ですから、競争や対立を避けることを第一として下さい。

計画に不備が?

 同会の二黒には準備や調査の意味があります。

 何かを為す前にはしっかりとした基礎固め・地盤固めが大事になってくるという意味です。

 しかし、戦車のカードを見ますと計画が挫折しやすいと出ています。

 これは、準備や調査が不足していることによるものですので、自分が考えている以上に前準備をしっかりしてください。

 特に坎宮が意味する数値的なデータをしっかりとることです。

 いつ・どこで・何が・どれぐらいの数値なのか、、、これらをしっかりと調べてください。

 大きなことで言うと プロジェクトにおける準備もそうですが、小さなことで言えば、日々の業務の中でも準備が大事です。

 前日に資料を整えておくなどもそうですし、人と会う約束があるならば、所要時間や経路などもしっかりと調べ、必要な資料・手順、道具なども十分に確認することです。

 それらがなされれば決して計画が挫折することはありません。

スタート運

 杖のエースには新チャンスやスタートの意味があります。坎宮には学び、二黒には安定継続です。

 何かを学び始める好機です。安定的に続けられそうなことをスタートさせてください。

 現職にいかせるような学び・資格取得につながる学び・有利な転職につながる学びなどがそれです。

 数か月程度のスパンではなくて、数年程度のスパンが良いです。

 その理由ですが、次の10月11月もスタートの運勢がありますし、年運レベルでも2022年にスタート運があります。

 来年のスタート運、その前哨戦だと思って頂くとよいこの9月10月11月です。

 2025年や2026年ごろに大きな実りとなって結果がもたらされます。

 又、杖のエースには「会の結成」という意味もありますので、誰かと何かを一緒に始める、、、そのような事もおすすめです。

 例えば、勉強会とか、交流会のようなものです。

サポート関係を

 回座の坎宮には奉仕の意味があり、同会の二黒にはサポートの意味があります。

 杖のエースには冒険的な試み・スタート・結成の意味がありますので、後進を教え育てる人間関係を作ってください。

 何人かでチームを作って、後輩の育成システムを作るとよいです。

金運

寄付のススメ

 坎宮には奉仕の意味があります。寄付や献血です。

 このコーナーは金運についてなので、寄付がおすすめです。

 寄付をすればお金が減ってしまいますので、金運も低下してしまうように感じますが、生きたお金の使い方をしますと、金運はアップして巡り巡ってお金につながります。

 今は差し出す・施すなどの姿勢を大事にしてください。

 後輩にご馳走してあげるなどもそうです。

 特に、来年からスタート運が始まりますので、すでに何かの構想があって、手を貸してもらえそうな後輩がいるならば、この9月は奉仕的に接してください。

 言葉が悪いですが、貸しを作っておくような形です。

学びが報酬に

 上でも書きましたが、9月は学びの運勢が出ています。

 いま学んだ知識が将来の報酬につながる可能性がありますので、お金になりそうな学びを始めてください。

ライバル心での支出は×

 この9月は競争意識や嫉妬心を持ちやすい傾向があります。

 お金に関しても同じで、誰かが何かを買った、、、などが目に付いてしまいます。

 それに対抗意識をもって、支出してしまうのはよくありません。金運を損なうお金の使い方です。

 誰かが高級ブランドの服や時計を買った、近所の家が改修工事をした・新車を買ったetcです。

 それらにつられて対抗意識を持たないように気を付けてください。

生活費・サブスクの見直し

 同会の二黒には家庭(生活費)、継続の意味があります。

 家計費を見直すのがおすすめです。何となく支出してしまっている家計費を見直してください。

 水道光熱費やスマホ代、あまり利用していないサブスクなどです。

 継続的に支出している各種契約も見直し対象です。

 スマホ代金を家族割引に切り替えるなども一つの方法ですので、家計費を見直すようにして下さい。

貯蓄運あり

 回座の坎宮は五行の水の意味があります。

 水が溜まるかの如く、お金を貯めるチャンスです。 先のようにスタートの運勢がありますので、貯蓄習慣をスタートさせるのがおすすめです。

 年運レベルでも今年は坤宮と言って、安定継続の運勢があります。

 今年、安定的に継続させられることを始めると、何年か継続できる可能性があります。

 何年か継続貯蓄をすればそれなりの額になりますので、是非、それを活かしてください。

健康

 同会が二黒 で、回座が坎宮 ですので、下記のような事柄に関係があります。

南西【坤宮】定位:二黒
胃腸、皮膚、脾臓、膵臓、消化器系、便秘、糖尿病、右手
北【坎宮】定位:一白
腎臓、下半身、血液、穴(耳、鼻etc)ほくろ、冷え、鬱、アルコール・薬物依存

・胃腸を大事に:消化の良い物、低fodmap食品
・皮膚のケアを
・体の冷えや血行:冷やさない、運動、マッサージ
・疲れやすい時:睡眠と休息の重要性

※その他、上の表に関することで心配なことがあったならば、早めに対処していくと安泰です。

ラッキーアイテム

 ラッキーアイテムとは、購入などの入手はもちろんですが、手入れ・メンテナンス・知識の習得、使い方の習熟などが該当します。

【坤宮】定位:二黒土星
陶器、綿、布、袋状のもの(バッグetc)、一時保管、収納、布団・シーツ、座布団、炭、敷物、風呂敷など包むもの、畳、衣類(普段着)、羊・猿(絵や置物)
【坎宮】定位:一白水星
本、液体全般(飲料、塗料、化粧水etc)、水槽、ドラッグ、アルコール、紐、折りたたんだもの、ボトムス、仏像・仏具、タオル、雑巾、針、竹、薬、ネズミ・亀(絵や置物)、封印する・隠すもの(鍵付きの引き出しetc)、アングラ

・寝具:睡眠の質にこだわりを
・飲み物にもこだわる、酒ジュース類×
・本

※その他、上の表に関するものの購入、手入れ、知識の習得がおすすめです。

ラッキーフード

【坎宮】定位:一白水星
塩味、漬物、大根、レンコン、豆腐、魚類、うなぎ、どじょう、汁物

ラッキーカラー・ラッキーナンバー

【坎宮】定位:一白水星
白・黒、1・6

9月の吉凶方位

 最後に吉凶方位について解説いたします。

 まず、方位の見方ですが、次のような方法です。

【方位の見方】

  • 東西南北の4方位は、開き角が30度
  • それ以外は60度
  • 引っ越しは 年盤をメインに使う
  • 旅行や買い物は月盤をメインに
  • 年盤と月盤がどちらも吉ならば、引っ越しや旅行で開運
  •       〃   凶ならば、引っ越しで災厄、災難

下の動画で詳しく解説しておりますので、是非一度ご覧ください。

方位盤(年盤、月盤)

 左上の方位盤は2021年の方位盤(年盤)といいます。

 右上は月の方位盤です。右下は10月の方位盤です。

 グレーの部分は万人共通の凶方位で、赤は生れ星特有の凶方位です。

 ブルーが吉方位、白は吉凶なしです。

9月

 9月は、南東、南がいけません。年単位でも月単位でも凶方位になっています。

 その方位に向かって引越しや旅行などは避けてください。

 どうしても、引っ越しをしなければならない、、、という場合は神社やお寺で「方位除けの祈祷」を受けると効果的なのでおすすめです。

10月は六白の年・六白の月なので、年盤・月盤が重なります。(吉凶方位が強調され)

 今年は六白金星の年ですが、10月は六白の月ですので年単位も月単位も吉凶方位がほとんど重なります。

 その為、方位の吉度合いも凶度合いも強くなりますので、そのようにご理解ください。

 凶方位へ引っ越しや旅行をしないほうが良くなります。

 逆に、吉方位の度合いも強くなりますから、その方位に向かって引越しや旅行をしますと開運につながります。

  • 10/11、、、東

 この日は年単位+月単位+日単位で全て大吉になりますから、特におすすめです。

 九星学ではお水取りや祐気取りといって、有名な開運方法です。

 神社仏閣・開運スポット・温泉などに旅行してください。できるだけ長距離で数泊の期間がおすすめです。 

 以上、三碧木星生れ、9月の仕事・金運・吉凶方位についてでした。

 この月もより良い月になりますよう、心からお祈りいたします。

 ↓は全体運、総合運です。今回の記事と併せてご一読ください。

スポンサーリンク
占いHosoをフォローする
占いHoso

 九星気学や四柱推命など、東洋の占いにタロットカードを合わせて判断するスタイルをとっています。

 ちょっと変わったやり方です。(九星気学、四柱推命+易、又は西洋占星術+タロットが王道)

 鑑定歴20余年の本業占い師です。鑑定した人は数千人以上だと思います。

 悩み事や相性はもちろん、経営、子宝、建築、命名など様々な案件を経験しました。

 このブログでは、毎月・毎年の運勢、開運の方法、開運グッズなどを紹介していきます。

 運勢を理解活用して少しでも良い人生を導きたい、そんな方にお届けしたいと思っています。

占いHosoをフォローする
占いHoso

コメント

タイトルとURLをコピーしました