11月の運勢【七赤金星】2021 令和三年【九星気学 占い】

毎月の運勢

 七赤金星 生れ、2021 年 11月 の運勢について解説します。 九星 気学 と タロットカード による鑑定です。

金運あり、目上との関係、危機回避可能、転身変化のチャンス

 この11月は達成の運勢があり、金運がよい月です。楽しみです。

 娯楽やおしゃれ、飲食にお金を使うのもよいですし、その一部を貯蓄に回すこともおすすめです。貯蓄運あります。

  経営者や上司、父親との縁もある時です。特に、それらの人の役割を引き継ぐような運勢がありますから、自分から率先して引き継ぐと発展的となります。

 又、物事を完結させるべき運勢があり、このまま継続して行くと危険につながっていきそうなことがあるならば、ここできっぱりと手を引いてください。危機を回避できます。

 転身変化の運勢も出ています。生まれ変わるとか、人生を変えるチャンスもあるようです。

 転身することによって再生し、希望を取り戻せる、、、そのような暗示が出ています。

 思い切って生活や人生を変えて下さい。そこまででなくとも、そのきっかけを作る11月にしてください。

 11月もより良い月になりますよう、心からお祈りいたします。

毎月の運勢は二本立てです。下記も併せてご覧ください。

11月は八白同会・兌宮回座、コインのキング・死神(逆)

 さらに詳しく見ていきます。

 上の段の九星盤(年盤)は、2021年の九星盤です。

 下の段の九星盤(月盤)は、11月の九星盤です。

 お生れの 七赤は下の段の九星盤で 兌宮に巡ります。

 その兌宮には上の段の九星盤で一年間、八白がいますので、八白同会といいます。

 11月は八白同会・兌宮回座の月運になります。

 カードはこの2枚が出ています。

ヒントや障害:
死神 (逆)
危機回避、希望を取り戻す、再生、転身

現状・予想:
コインのキング
金運、地位者、成功者、上司、父

実りの秋、金運あり

 お生れの七赤は兌宮に入ります。

 兌宮は収穫の秋を意味しますので、金運の上昇が期待できます。

 更にコインのキングにも大きなコインが描かれていますから、同じく金運です。

 中には大きな金額を動かす人もいる事でしょう。

 兌宮には娯楽やおしゃれ、飲食の意味がありますから、それらに支出をしてもよいです。

 又、同会する八白には貯蓄の意味もありますから、娯楽などにお金を使ったならば、残りは貯蓄に回してください。

 12月も貯蓄運が継続しますので、この2ヶ月で貯蓄習慣をつけると後々、お金が貯まります。

引継ぎの運勢

 コインのキングには地位者の意味があります。経営者や上司、父親などです。

 同会の八白には後継運がありますので、コインのキングの役割を引き継ぐ運勢があります。

 これまで、コインのキングが担っていた仕事や役目をいくつか引き継いでください。

 コインのキングの絵を見ますと、透明な状態で描かれています。これは、そのキングが控えめな性格だったり、遠慮しているなどがあり得ます。

 その思いや気持ちを察してあげるのもおすすめです。 思いをくんで引き継いであげる、、、それができるととても良いと思います。

危機回避ができる

 死神のカードが出ていますので、不吉な感じを覚えるでしょうが、決して悪い意味ではありません。

 それは、逆位置(さかさま)で出ているからです。不吉の反対の意味になります。

 危機を克服できたり、生まれ変わる、変化できるといった意味です。ですから、心配しないでください。

 回座の兌宮には終了や完結の意味があります。

 もし、今現在危険な事に手を出しているのならば、今、そこから手を引けば危機回避が可能です。 今なら間に合います。

 例えば、何かの不正や隠し事があるとか、人間関係における人に言えないことなどです。心当たりがある人は、ここで手を引いてください。

転身変化のチャンス

 同会する八白には革命変化の運勢があります。

 死神のカード(逆位置)にも転身によって再生し、希望を取り戻せる、、、その意味になります。

 状況や立場、習慣、或いは考え方などを大きく切り替えるチャンスがあります。

 そのチャンスを生かすと生まれ変わったように希望と取り戻せる運勢です。

 変えるべきことを特定して、今、転身変化を目指してください。

八白同会

 その他、同会する八白には次のような意味もあります。

仲介役

 八白には人と人・物と物・事と事などを結び付ける仲介斡旋役・橋渡し役の意味があります。

 誰かと誰か、何かと何かの仲介役を担ってください。

 特にキングが透明の絵で描かれています。自己主張が控えめですので、キングの意向や気持ちを周囲に伝える役目を担ってください。

 キングとは地位者や経営者、上司、父、夫などです。

 既婚女性ならば、夫の気持ちを子供たちに伝えるなども該当します。

古い物にラッキー・先祖運

 中古品や骨とう品にラッキーがあります。

 中古品の売買などがオススメです。先祖から続いている古い物のメンテナンスもよいです。

 又、先祖やお墓、土地不動産、相続の意味もあります。

 先祖供養、お墓参り・お墓掃除などがおすすめです。

 相続を受ける可能性がある人は、土地不動産の状態を調べる事や管理がおすすめです。

 相続税やその他、法令についての知識を習得しておくのもよい方法です。

兌宮回座

 その他、回座の兌宮には次のような意味もあります。

異性運

 兌宮には異性運があります。

 異性との交流運もあるのですが、死神のカードも出ていますので、三角関係や火遊びには注意してください。

 もし、今現在その心当たりがあるならば、ここでやめてください。今なら間に合います。

被同会:六白

 被同会とは、その時期に注意すべき運勢を意味します。

 六白には向上心や自制心、克己心の意味があります。被同会ですから、自分に甘くなりがちという意味になります。

 「まあいいか、、、」とか「見て見ぬふり」をなるべく避けて、出来るだけ自分に厳しくなるように心がけてください。

 又、六白にはスマホなどのデジタルガジェットの意味もあります。それらに浪費しやすい運勢もあります。

 似たようなスペックのスマホを買い足してしまったり、ゲーム課金を過剰にしてしまったりなどは避けてください。 

前月・今月・来月

 9月10月の忙しさからは解放される11月です。

 11月は楽しめる・遊べる運勢が出ていますので楽しみです。

 又、11月は変化の運勢も生じていきますから、手を引くべきことに対して見て見ぬふりをせずに、すっぱりとやめてください。そして、変化を受け入れる時です。

 次の12月も変化運は継続します。

 離別運も出てくる12月ですので、悪縁や悪習慣と離れる準備を整える11月にしてください。

 12月は物事が表面化する運もあります。表に出て困ることがあるならば、11月中に処理をしておくと安全です。

まとめ

・金運あり、娯楽やおしゃれ、飲食、貯蓄にも
・地位者、上司、父縁→引き継ぐ姿勢を
・手を引く事ややめることができれば危機回避可能
・転身変化で生まれ変わる時
・仲介役や橋渡し役を担う
・古い物に縁が
・先祖やお墓、土地不動産との縁も
・異性運あり、三角関係や火遊びの心当たりある人は今やめる時
・自分に甘くなりがち
・スマホなどのデジタルガジェットに対する浪費を避ける
・9月10月の忙しさから解放される11月
・楽しめる、遊べる11月
・変化運も生じてくるので手を引くべきことを特定
・次の12月も変化運、離別運もある
・物事が表面化する12月でもある

 以上で七赤金星生まれ、2021年11月の運勢についてでした。 この11月もより良い月になりますよう、心からお祈りいたします。

 下記も併せてご覧ください。

スポンサーリンク
占いHosoをフォローする
占いHoso

 九星気学や四柱推命など、東洋の占いにタロットカードを合わせて判断するスタイルをとっています。

 ちょっと変わったやり方です。(九星気学、四柱推命+易、又は西洋占星術+タロットが王道)

 鑑定歴20余年の本業占い師です。鑑定した人は数千人以上だと思います。

 悩み事や相性はもちろん、経営、子宝、建築、命名など様々な案件を経験しました。

 このブログでは、毎月・毎年の運勢、開運の方法、開運グッズなどを紹介していきます。

 運勢を理解活用して少しでも良い人生を導きたい、そんな方にお届けしたいと思っています。

占いHosoをフォローする
占いHoso

コメント

タイトルとURLをコピーしました