6月の運勢(総合)【六白金星】2022 【九星 タロット】占い

毎月の運勢

 六白金星生れ、2022 年 6月 の運勢。 九星と タロットの判断です。

概要

・交際運あり→品のある振る舞いを
・誰かの心の受け皿になりましょう。
・几帳面のススメ→連絡報告、時間厳守など
・悲しい気持ちからは回復しつつある
・細かい事を気にして動揺したなら、ミスを避けるために、再確認を徹底
・電車やバスなど道を間違えないように
・三角関係や三つ巴に遭遇しても衝動的な行動をしない
・孤独よりも交際を優先する6月
・情報収集のススメ
・嘘はダメ、ジョークでも嘘は×
・方向修正は良いが、優柔不断は×
・三角関係や板挟み→移動や離脱が正解
・物事に執着しない事
・古い物よりも新しい物→合理性・効率化
・親戚とは遠巻きに関わる時
・前月5月から活発な運勢がスタートしている
→時間を無駄にしない・毎日を無駄にしない
→外に出て人に会うのが良い時、情報収集を
・次の7月は動きにくい→動くならこの6月

毎月の運勢は二本立てです。下記も併せてご覧ください。

今月は巽宮回座

 さらに詳しく見ていきます。

 上の段の九星盤(年盤)は、2022年の九星盤です。

 下の段の九星盤(月盤)は今月の九星盤です。

 お生れの六白は下の段の九星盤で巽宮に巡ります。

 今月は巽宮回座の月運になります。

 カードはこの2枚が出ています。

ヒントや障害:
剣の3 (逆)
悲しみや心の傷が癒されつつ/混乱、動揺、無秩序→ミス/間違った道を行く

現状・予想:
杖のクイーン
頼れる、品が良い、女性上司(母、姉)/金運問題なし/家庭環境◎

良い人間関係を作りましょう→言葉や所作の重要性

 お生れの六白は九星盤の巽宮に入る6月です。

 巽宮には交際運・交流んがありますので、人間関係の広がりが考えられます。いつもよりも多くの人とかかわる可能性です。

 是非、良い人間関係を作っていきましょう。それには杖のクイーンのカードがヒントになります。

 このカードには、頼りがいのある存在、品が良い、女性上司、母、姉などの意味があります。

 このカードは貴方の事を指しているとも言えますし(貴方が男性でも)、貴方以外の誰かを指しているとも言えます。

〇貴方だった場合

 品の良い言葉遣いや所作を心がけてください。

 又、頼りがいある存在・頼れる存在になることも大事です。 人の話を聞いてあげるのが良いです。誰かの心、その受け皿のような存在を目指すのがおすすめな運勢です。

 周りの雰囲気・空気をよくするために明るく振舞うとか、裏表のない素直な態度を心がけるのもよい方法です。

 逆に言いますと、悪口陰口、批判、攻撃的な口調はいけません。剣の3のカードも出ていますが、人のハート(心)に剣を突き立てているカードの絵です。

 それが良くありません。背景の雨は誰かの涙を意味していますから、人を泣かせるようなことはもってのほかです。たとえ、貴方が正しかったとしてもです。

 お生れの六白は、今年、九星盤(年盤)の乾宮に巡っています。ここに入りますと、自分にも他人にも厳しくなる傾向があります。

 基本的にはそれでよいのですが、この、6月はそれを封印して、誰かの心の受け皿のような存在を目指してください。

〇あなた以外を指している場合

 杖のクイーンのような人との縁を大事にするのがおすすめです。

 つまり、気品があって所作が美しく言葉遣いの丁寧な人です。そして、頼りがいのある人物です。積極的に話しかけるのが良い方法です。

 逆に、剣の3のようなタイプとは距離を保つのがおすすめです。攻撃的、嫌味、支配的な人がそれです。

 巽宮に入る6月ですが、この宮には出会いと別れの運勢もあります。

 別れることによって出会いが広がる運勢でもありますので、別れを恐れないほうが発展的となります。相手が剣の3タイプならばです。

几帳面に

 巽宮には「整う」という意味がありますので、何事に対しても几帳面であることが運勢を向上させるカギになります。

 杖のクイーンには金銭面に関して問題がない、、、その意味が出ています。

 これは、一攫千金とか、臨時収入による金運の良さではなくて、お金に「困らない」という金運の良さを指します。金運の安定性とも言えます。 

 金銭管理に対して几帳面であることがそれを確実にします。例えば、無駄遣いしないように心がけるとか、収支を把握するなどです。

 金運や仕事運に関しては別記事で改めて解説いたしますので、そちらの記事も合わせてご覧ください。

 その他、情報や時間にも几帳面であることがお勧めです。 定時連絡、定期報告、時間厳守などがそれです。

 もともと、巽宮に入ると周囲から信頼されたり尊敬される運勢があります。この6月はその運がありますので、几帳面な対応でそれをさらに確実にしていってください。

 逆に言いますと、ルーズになってしまいますと、いつもよりも信頼を落としてしまいます。 

傷が癒えつつある

 剣の3のカードをご覧ください。ハートに剣が突き刺さっています。背景の雨は涙です。

 最近、傷つくことに遭遇した人は注目です。このカードが逆位置(さかさま)に出ていますので、だいぶ傷が癒えて来た、、、その可能性です。

 お生れの六白は今年、乾宮に入っています。ここに入りますと、自分に厳しくなることが発展のカギになりますので、「傷が癒えつつある」→「そろそろ、自分に厳しくなりましょう」その意味です。

 少しきつい日課を自分に与えてください。  ダイエットやトレーニング、各種練習、学習、早寝早起き、掃除習慣、整理整頓習慣etc 

動揺や混乱した時はミス回避の確認を

 剣の3が出ていますが、混乱や同様、無秩序がミスを呼びやすい、、、その暗示が出ています。

 巽宮には几帳面の意味がある分だけ、神経質になり過ぎる可能性もあります。つまり、この6月は、細かい事が気になり過ぎる運勢でもあります。

 細かい事が気になって、混乱したり動揺する可能性があるという事です。

 どうでもいい誰かの一言とか、誰にでもあるような勘違いで激しく動揺する可能性です。

その混乱や動揺がミスを呼びやすいですから、自覚を持つと回避できます。「ああ、今の自分はいつもよりも細かい事が気になるんだな~、混乱したり動揺しやすいんだな~」といった具合にです。

 そのように自覚しておくだけで結果は全然違ってきます。

 そして、もし本当にそうなったときには、いつもよりも確認作業を徹底的に行えばミスを防げます。(ミスを犯すことを前提にしておけばミスを避けられる、、、)

道を間違う?

 剣の3には「道を間違いやすい」という意味もあります。

 小さなことですと、目的地への道順を間違えてしまう可能性です。違う電車や違うバスに乗ってしまうとか、約束の時間を間違えるなどもそうです。

 スケジュール管理やリマインダーなどを使って几帳面な対応をしていく事によって回避可能です。

 巽宮に入っている6月は移動の運勢があります。外出の機会が多いとか、乗り物に乗る機会が多い等です。

 あらかじめそれを想定して、電車やバスのアプリを使うようにするのが良い方法です。路線図アプリとか運行マップアプリなどです。

 大きなことで言うと人生における道を間違えやすい、、、その意味でもあります。(実際にはそこまで大きなことが起きるとは思えませんが)

 剣の3は、ハートに三本の剣が突き刺さっていますので、三角関係や三つ巴の戦い、それに遭遇して、後先考えずに衝動的な行動をしてしまいますと、本当に人生における道を間違ってしまうかもしれません。

 言い方を変えますと、衝動的にならなければ大丈夫、、、という事が言えます。

 もし、三角関係や三つ巴の戦いに遭遇しそうになったならば、このブログ記事を思い出してください。そうすれば冷静な対応を取れると思います。

回座

 その他、回座の巽宮には次のような意味もあります。

孤独⇔交際

 お生れの六白は九星盤の年盤(年運)では、乾宮に入っています。ここには孤独や孤高の意味があって、一人時間を好む傾向がありますし、それがおすすめな運勢です。

 一方、この6月は巽宮に入りますから、正反対の意味である交際や交流の運勢です。

 一人の時間を優先したくなるかもしれませんが、この6月に限ってはなるべく交際交流を優先してください。

 人と交流した時に、たとえジョークであっても悪口を言わないように心がけてください。本気じゃなくともです。

 いわゆる「イジル」もよくありません。

情報収集のススメ

 巽宮に入った時には良い情報を得られる運勢ですので、なるべく多くの情報を収集してください。

 お仕事に関することはもちろんですが、趣味や家事に関する情報もそうです。

 特にデジタルに関する分野がおすすめです。デジタル技術やデジタルガジェット、スマート家電などがそれです。

 投資情報もよいです。

嘘×

 嘘は避けてください。 たとえ小さくとも、たとえ軽いジョークでも嘘は良くない時です。

 誤解を与えやすいとか、貴方が思っている以上に相手を傷つけやすい運です。

方向修正のススメ

 一度何かを決めたとしても、途中で切り替える必要があります。

 「一度決めたので変えません・変えられません、、、」そう頑なになるのは良くない時です。巽宮は柔軟な思考と行動が向く運勢です。

 但し、優柔不断はいけません。方向修正によって誰かに迷惑がかかるとか、約束を破る事態・契約不履行になる場合はいけません。

 その可能性が予想できたならば、始めから決めないことがお勧めです。

被同会:八白土星

 被同会とは、その時期に注意すべき運勢を意味します。 

三角関係・板挟み

 三角関係や板挟みに遭遇する可能性もあります。

 もしそれに遭遇しそうな雰囲気を感じ取ったならば、巽宮の意味する移動が最適解になります。

 つまり、その場にとどまらずにどこかに行くことです。例えば何かの用事を作って席を立つとか、外出してしまうのが良いです。

 そういうレベルの話でない場合は、どちらとも関わらないことがお勧めです。

 それらの人とは距離を取り、別の人とかかわるように切り替えてください。(移動運なので)

執着×、古→新、親戚とは消極的な

 物事にこだわらないようにして下さい。執着心はいけません。

 又、古い物や古い事柄よりも新しい物や新しい事柄がおすすめな運勢です。

 古い習慣や慣例はもちろん大事な事柄ですが、今は、合理性や効率化を優先する時です。

 親戚との関係も積極的に関わる時ではありません。剣の3が出ていますので、嫌味に遭遇しやすい時です。

前月・今月・来月

 前月の5月から活発な運勢がスタートしています。

 時間を無駄にしない事です。毎日を無駄にしないような過ごし方を心がけてください。

 毎日、同じ時間に同じことを繰り返すと運気アップしますのでそうしてください。

 又、なるべく外に出て、人に会う機会をたくさん作ったほうが良い6月です。多くの情報を収集していく事もおすすめです。

 次の7月は中宮に入りますので、身動きしにくい運勢が巡ってきます。自分は動かずに周りの人に親切にする7月になります。

 ですから、外に出て人に会うような「動く」ことは6月中にできるだけ実行してください。

 今月もより良い月になりますよう、心からお祈りいたします。

 下記も併せてご覧ください。

スポンサーリンク
占いHosoをフォローする
占いHoso

 九星気学や四柱推命など、東洋の占いにタロットカードを合わせて判断するスタイルをとっています。

 ちょっと変わったやり方です。(九星気学、四柱推命+易、又は西洋占星術+タロットが王道)

 鑑定歴20余年の本業占い師です。鑑定した人は数千人以上だと思います。

 悩み事や相性はもちろん、経営、子宝、建築、命名など様々な案件を経験しました。

 このブログでは、毎月・毎年の運勢、開運の方法、開運グッズなどを紹介していきます。

 運勢を理解活用して少しでも良い人生を導きたい、そんな方にお届けしたいと思っています。

占いHosoをフォローする
占いHoso

コメント

タイトルとURLをコピーしました