仕事と金運(12月の運勢)【七赤金星】2021 九星 タロット 占い 吉凶方位

毎月の運勢

 七赤金星生まれ、2021 年 12月 の 仕事運 、 金運 、 吉凶 方位 etcについて 九星学 と タロット で見ていきます。

毎月の運勢は二本立てです。下記、【総合運】も併せてご覧ください。

艮宮同会・九紫回座、吊るされ人(逆)・星(逆)

 上の段の九星盤(年盤)は、2021年の九星盤です。

 下の段の九星盤(月盤)は、12月の九星盤です。

 お生れの七赤は下の段の九星盤で艮宮に回座します。

 その艮宮には上の段の九星盤で一年間 九紫がいますので、九紫同会といいます。

 12月は九紫同会・艮宮回座の月運になります。

 カードはこの2枚が出ています。

ヒントや障害:
星 (逆)
悲観的。気力低下。恩を仇で返す誰か。寒い職場→防寒(カイロ、電熱ベスト、腰を)

現状・予想:
吊るされた男 (逆)
罰ゲームのような仕事から解放されるチャンス。怠ける?(犠牲的行為、必要な努力、役目、わがまま、約束の不履行)、基本運〇だが油断×

仕事運

離脱、解放され

 もし、今現在、罰ゲームのような仕事をしていたり、役割を担っているのでしたら、そこから離脱出来て解放される良い意味があります。

 その役目自体がなくなったり、別の人と交代するなどです。その可能性が出たならば、そのチャンスを逃さないように動いてください。

 例えば、自己主張するとか、担当替えを申し出るなどです。

 この12月は九紫に重なりますが、離別や離脱の運勢です。それを上手に使ってください。

 吊るされ人のカードも逆に出ていますが、もともとは処罰を受けたり、制限をされる意味ですが、逆なので解放されるチャンスがあります。

 その兆しが見えたならば、これもチャンスを生かしてください。

 艮宮に回座する12月ですが、環境が変化していく運勢があります。これは、11月から始まっていますので、変化に抗わずに自ら変わっていくような姿勢によって、離脱+開放が成されます。

 これも生かしてください。過去にこだわったり、これまでの事や習慣、人に執着してはいけないという意味です。

 艮宮に入りますと、変化の運勢があるのですが、しかし反面、過去に執着しやすい傾向もあります。

 変化すればよくなるのが自分でわかっているのに、何故か継続・過去に執着してしまいやすいです。それを思い切って断ち切って「変化」に身を任せるのが鍵になる12月です。

怠ける?

 吊るされ人が逆に出ていますが、犠牲的行為に欠ける・必要な努力を怠る・自分の役目を遂行しない・約束を守らない、、、そのような意味も出ています。少し警告気味です。

 何かから解放され、変化によって、状況が楽になるとか監視が緩くなる可能性があり得て、それによって慢心・怠けが出る可能性です。

 七赤生まれの方は、興味関心のある事に対しては異常なほどの集中力と才能を発揮するタイプなのですが、興味のもてない事やつまらない事(生産性のない単純作業)に対しては、飽きっぽくなる気質があります。

 その為、専門家タイプ、エンジニアタイプ・職人タイプとなります。芸術家など創作家も多いです。

 この時期、知らず知らずに飽きっぽくなったり、つまらない事に対して怠けやすい運勢ですので、「自分は今、怠けやすいかも?」そう考えながら仕事・役割を担ってください。

見通し〇、だが油断は×

 仕事運自体はだいぶ良くなっていきます。上り坂というか、苦痛や息苦しさから解放されていく傾向です。

 ですから、見通し・先行きはよいです。その分だけ、油断しやすい傾向もあります。

 先に怠けやすい? と出ていましたが、それと似ています。

「自分は今、怠けやすいかも?」と考えたほうが良い時期ですが、同時に「自分は今、油断しやすいかも?」と考えるのもおすすめです。

 例えば、星のカードはカップの水を注いでいる姿です。

 うっかりと何かを落としたり、取りこぼしたり、忘れたりです。或いは、親切にすべきでない相手に対して、うかつに親切にして、自分が消耗してしまうなどです。

 油断してはいけません。

悲観的?

 星のカードが逆位置に出ています。星は希望を意味するカードですが、逆に出ていますと、悲観的になりやすかったり、気力が低下しやすい傾向となります。

 星のカードの女性は、カップの水を注いでいますが、愛情を誰かに与えたり、誰かのために尽くすなどの意味です。

 尽くしたにもかかわらず、それに見合った対応・返しがなくて意気消沈してしまう可能性です。

 先にありましたように、誰に親切にするべきなのかを見極めて、油断しないようにして下さい。

 ずるい相手に優しくして隙を見せたかと思ったら、その相手が「恩を仇で返す様なタイプ」かもしれません。(仕事運ですから仕事関係の人です。家族や友人ではありません。)

例:Aさんが失敗して落ち込んでいる時の貴方
→「私も何年か前、これこれ、こんな失敗をしたんだよ~」と励ますつもりで、自分の秘密をAさんに明かす
→その、貴方の秘密をAさんがBさんやCさんにばらまいて、貴方を傷つける、、、などです。

 愛情を注ぐ相手に油断してはいけません。

 又、九紫は離脱や離別の意味があり、艮宮は変化の意味があります。

 貴方を悲観的にさせ、気力を低下させる人や事柄とは縁を切る時です(九紫)、そして、切り替え、変化してください(艮宮)。

 今の貴方は、次の生き方・次の価値観・一段上のステージに向かう時です。

職場が寒い?

 星のカードを見ますと、職場が寒いのかな?その印象です。それに該当している人は、対処が必要です。

 艮宮は腰や手足の意味がありますので、そこを重点的に温めてください。

 カイロや電熱ベスト、電熱手袋等、様々な防寒グッズをフル活用してください。

 九紫は五行の火なので、火に近い物を使えればなおよいです。火鉢や七輪、暖房器具、電熱機器です。

九紫:企画立案、宣伝広告

 九紫には直感の冴えがあって、企画立案の運勢があります。仕事上の何か新しいアイディアを絞り出してください。

 新商品でもよいでしょうし、新システム、新機器導入、新アプリ導入のアイディアなどです。

 そして何か思いついたならば、アピールをしてください。表現発言発表です。

 又、宣伝広告に関する運勢もあります。それに関連する部署や自営の方は宣伝広告に力を入れてください。

 マスコミや芸能・芸術に関する運でもありますから、関連部署の方は力を入れる時です。

艮宮:仲介役・古い物

 艮宮には仲介役・中継役、斡旋、連絡・連携の意味がありますから、その役目を担ってください。

 社外と社内のパイプ役とか、社内における調整役、幹事役などです。率先して担ってください。

 又、古い物にもラッキーがあります。

 過去の古い資料や誰かの過去の経験などです。それを教訓にしたり、トレースするなどです。

 又、ベテランとの接点を作って、盗める点は盗んでください。時代遅れで役に立たない…そう感じられたとしても、何かのヒントはたくさんあるはずです。

 古い物を活かせないのは、時代遅れで役に立たなくなった面もありますが、古い物を活用できない私たちの工夫不足という面もあります。(私もすでに古い人間ですが…)

金運

蓄財チャンスだが…

 艮宮に回座しますので、蓄財や倹約、節約のチャンスです。

 しかし反面、その努力を怠りやすい運も並行しています。吊るされ人や衝動買い気質の九紫があるからです。

 なるべく、倹約節約貯蓄を心がけてください。

支出額に無頓着?

 買い物に使った額を把握していないとか、水道光熱費や電話料金などサブスクの大まかな金額を把握していない可能性があります。

 もともと、七赤生まれの人は、「ちまちま」したことが嫌いなので、カード明細を事細かくチェックするようなことは嫌いな人が多いです。 把握していない人も。

 この時期、無頓着になってしまいますと、垂れ流し状態となり、せっかくの貯蓄節約運を無駄にしがちですので、生活費や経費をある程度把握してください。「要カード明細のチェック」です。

衝動買いを避けると金運up

 九紫に重なりますので、衝動買いの運勢があります。年末年始ですので、誰でも衝動的に買い物をしがちです。

 ある程度の自制心を持ちますと金運アップにつながりますので、少し大きめの額を使う時には一呼吸置くぐらいのリズム感を大事にしてください。

中古品に吉が

 艮宮は中古品の意味があります。

 中古品売買がおすすめです。中古購入で経費削減を目指したり、不用品の売却で臨時収入につなげたりです。

アイディアがお金に

 仕事運でも書きましたが、この時期、直感が冴えます。次の1月もです。

 職場における企画立案・提案によって、あなたの社内評価がアップします。それがいずれ報酬upにもつながるチャンスですので、それを活かしてください。

 感覚を研ぎ澄まし、企画立案です。

健康

 同会が 九紫で、回座が 艮宮ですので、下記のような事柄に関係があります。

南【離宮】定位:九紫火星
目・鼻など首から上、心臓、火傷
北東【艮宮】定位:八白土星
耳、鼻、腰、関節、背中、瘤、手足、指、二つある器官(手足、目、耳、腎臓etc)

・眼精疲労による頭痛に注意→スマホのやりすぎ×、肩や首の運動を
・腰や関節のケアを→ストレッチ、マッサージ、サポーター、シップ、座りすぎ×
・手足など、二つある器官→異常は早めの対処
・かだらを冷やさない。特に下半身→温め、血行促進の工夫を

※その他、上の表に関することで心配なことがあったならば、早めに対処していくと安泰です。

ラッキーアイテム

 ラッキーアイテムとは、購入などの入手はもちろんですが、手入れ・メンテナンス・知識の習得、使い方の習熟などが該当します。

南【離宮】定位:九紫火星
美術・芸術品(絵画etc)、火に関するもの(火薬・爆発物、キャンドル、ライター、お灸、お香、ストーブ)、太陽(絵画等)、照明器具、エネルギー、株、証書、手形、文書、図書、メガネ、レンズ、髪飾り、カメラ、神仏具、馬・孔雀・鳳凰(絵や置物)
北東【艮宮】定位:八白土星
中古品、古いもの、土地不動産、貯蓄、長期保管・収納(金庫・倉庫etc)、コレクション、お墓、一対のもの(箸、靴、ピアスetc)、積み重ね・繋ぎ合わせたもの(傘、すだれ、積み木・レンガ・稼働アームetc)、陶器、岩、溶岩、牛・虎(絵や置物)

・吊るしタイプの照明機器→入手や掃除
・高い所にある物→背の高い家具の上にある置物等→掃除、好きなものを飾る
・中古品、一対の物(靴、箸、手袋etc)

※その他、上の表に関するものの購入、手入れ、知識の習得がおすすめです。

ラッキーフード

【艮宮】定位:八白土星
甘味、牛肉、タケノコ、キノコ、魚卵

ラッキーカラー・ラッキーナンバー

【艮宮】定位:八白土星
白・茶・黄色、5・10

12月の吉凶方位

 最後に吉凶方位について解説いたします。

 まず、方位の見方ですが、次のような方法です。

【方位の見方】

  • 東西南北の4方位は、開き角が30度
  • それ以外は60度
  • 引っ越しは 年盤をメインに使う
  • 旅行や買い物は月盤をメインに
  • 年盤と月盤がどちらも吉ならば、引っ越しや旅行で開運
  •       〃   凶ならば、引っ越しで災厄、災難

下の動画で詳しく解説しておりますので、是非一度ご覧ください。

方位盤(年盤、月盤)

 左の方位盤は2021年の方位盤(年盤)といいます。

 右は12月の方位盤です。

 グレーの部分は万人共通の凶方位で、赤は生れ星特有の凶方位です。

 ブルーが吉方位、白は吉凶なしです。

12月

 西と東がおすすめですが、特に西がおすすめになります。逆に、北西、南東、南はいけません。年単位でも月単位でも凶方位になっています。

 その方位に向かって引越しや旅行などは避けてください。

 どうしても、引っ越しをしなければならない、、、という場合は神社やお寺で「方位除けの祈祷」を受けると効果的なのでおすすめです。


 西に関しては、年単位でも月単位でも大吉になっていますので、特におすすめです。

12/11,18,20,27,29・・・これらの日は西が大吉です。

 上の日は年単位・月単位・日単位全てが吉なので開運につながる吉方位です。

 九星学ではお水取りや祐気取りといって、有名な開運方法です。

 神社仏閣・開運スポット・温泉などに旅行してください。できるだけ長距離で数泊の期間がおすすめです。

 湧水を頂いて持ち帰り、九日間連続で飲むと運勢がアップする開運法も有効です。(お水取り)

 以上、七赤金星生れ、12月の仕事・金運・吉凶方位についてでした。

 今月もより良い月になりますよう、心からお祈りいたします。

 ↓は全体運、総合運です。今回の記事と併せてご一読ください。

スポンサーリンク
占いHosoをフォローする
占いHoso

 九星気学や四柱推命など、東洋の占いにタロットカードを合わせて判断するスタイルをとっています。

 ちょっと変わったやり方です。(九星気学、四柱推命+易、又は西洋占星術+タロットが王道)

 鑑定歴20余年の本業占い師です。鑑定した人は数千人以上だと思います。

 悩み事や相性はもちろん、経営、子宝、建築、命名など様々な案件を経験しました。

 このブログでは、毎月・毎年の運勢、開運の方法、開運グッズなどを紹介していきます。

 運勢を理解活用して少しでも良い人生を導きたい、そんな方にお届けしたいと思っています。

占いHosoをフォローする
占いHoso

コメント

タイトルとURLをコピーしました