8月の運勢【三碧木星】2021 令和三年【九星気学 占い】

毎月の運勢

寛容で奉仕的行為がオススメ、維持や受け身の選択肢を

 この8月は心を広く、器の大きさを示すような月にしてください。

 気に入らない事や正しくないと感じたことがあったとしても、感情的にならず受け入れ、柔軟に対応していく姿勢が発展性を呼びます。

 貴方が正しくとも、それを正しいと主張するのがいつでも正解だという訳ではない、、、そういう運勢だと理解してください。

 奉仕的行為や犠牲的行為がオススメな運勢で、慈善活動、福祉活動、寄付や献血などに積極的になっていくこともおすすめです。

 又、何事に関しても新規スタートよりも維持、保留などが良い選択となり、能動的よりも受動的、つまり受け身の姿勢を持っていくとよい流れとなります。

 この8月もより良い月になりますよう、心からお祈りいたします。

毎月の運勢は二本立てです。下の記事も併せてご覧ください。

8月は一白同会・離宮回座、法王・吊るされ人(逆)

 さらに詳しく見ていきます。

上の段の図は2021年の九星盤(年盤)といいます。

 下の段の図は8月の九星盤(月盤)といいます。

 お生れの三碧は下の九星盤(月盤)の離宮にいますが、その離宮には上の九星盤(年盤)で一白がいます。

 故に、この8月は

 一白同会・離宮回座の8月運となります。

 カードはこの2枚が出ています。

ヒントや障害:
吊るされた男 (逆)
自己犠牲の重要性、利己的な行為は×、留まることが吉(保留、維持、受け身etc)

現状・予想:
法王
慈悲心、寛容、思いやり、慈愛、献身、人助け、儀式、信心

同会 の一白:水の五行、柔軟+法王:寛容、心の広さ

 同会する一白は水の五行ですが、水は器に合わせて自分を変えられる性質、つまりは柔軟性を意味します。

 法王は寛容な宗教家で、心の広い人物を指します。

 この8月、最大のポイント・ヒントとしてはこれが言えます。何事にも・どんな相手にも柔軟に対応し、器の大きさ・心の広さを発揮してください。

 三碧生まれの人は比較的若い時に人格が出来上がる人が多いです。つまり、実年齢よりも、所謂「大人」である人が多いです。

 その大人らしさを発揮していただきたい8月です。

 しかし、同時に、三碧生まれの人は実年齢よりも子供っぽいところもあります。大人と子供、両方併せ持つのがこの生まれの特徴といってもよいです。

 この8月は運勢的に両極端・正反対の運勢が出てきますので、自分の中にある大人と子供、、、それがせめぎ合うとも言えます。

 五行でいうと水と火が両方生ずる運勢です。水は寛容で忍耐力、火は自由奔放で直感、短気です。その水を優先する心がけを持っていただけると発展的となります。

 要するに、柔軟で寛容であってください,,,という事です。さらに、上の九星盤(年盤)では、お生れの三碧は坤宮という場所に入る21年ですが、この坤宮には受け身やサポートという運勢があります。

 柔軟で奉仕的であり、なおかつ受け身であるとさらに発展的となる運勢です。

 多種多様な人々・他者の多様性に受け身となり、寛容に接してください。

一白:慈愛と献身、医療福祉+法王:慈悲、人助け+吊るされ人:自己犠牲

 社会全体や誰かのために奉仕する運勢があります。

 地域活動や慈善事業、ボランティア、寄付、献血などのススメです。無償奉仕などの事柄に積極的になるのがオススメな運勢です。

 年運の坤宮も地域活動の意味がありますから、PTA活動や町会活動、神社の氏子会、お寺の檀家活動などがおすすめです。

 面倒な人は寄付もよいです。

一白:宗教、オカルト+法王:信心、儀式

 宗教に縁、吉運があります。ご先祖様を敬うとか、氏神様に詣でるなどがおすすめです。

 お墓参りやご仏壇の掃除、ご先祖の好きだったものを供えて皆で食す,,,なども供養となります。

 法事などの宗教儀式はもちろんですが、昔から行われてきた伝統行事、風習・習慣なども大切になさってください。

 地域のそれもそうですし、家庭内・その家で伝統的に続いてきたことを大切にするなどです。おじいさんやおばあさんが大切にしてきた儀式・行事・しきたりなどは尊重してください。

回座の離宮と同会の一白は正反対の気質

 離宮は五行での「火」、一白は「水」の意味があって正反対です。

 自由奔放⇔奉仕、主張⇔我慢、表面化⇔隠匿のような正反対な気質が、両方生ずるこの8月です。その中で、水、一白を優先していったほうが発展的となる運勢です。 

 つまり、奉仕、我慢、隠匿を優先です。

 どうしても、自分の考えを言いたくなるとか、不満をぶちまけたい、自由にふるまいたい、、、そのような気持ちになるかもしれませんが、それをコントロールできれば出来るほど運勢がアップしていくと理解してください。

 自己主張や自由にふるまうこと自体が悪いわけではなくて、それが適する時期とそうでない時期があるという事です。運勢的にです。

 例えば、10月や11月になりますと、忍耐や柔軟、協調は裏目となり、自己主張が正解となる運勢です。今は我慢したほうが得,,,そうご理解ください。

一白同会

 同会する一白には、次のような意味もあります。

学び

 学問の運勢があり、この時期に何かを学び、何かを覚えようとする行為がおすすめです。知識が溜まっていく運勢です。是非、読書や調べ物などして知識を深めてください。

 また、来年は新規スタートの運勢がやって来ます。新しいことを始められるような楽しみな運勢です。

 そのスタート運が生じてから「何をしようかな・・・」と考え始めてしまうのでは、せっかくのスタート運がもったいないので、事前に準備をしてください。

 準備⇒スタートダッシュにつながる、、、という事です。

 この21年は年間通して準備や調査の運勢が出ています。来年のスタートにつながる準備の運勢です。

 そして、8月9月は学びの運ですから、22年につながる学びがおすすめです。何かに興味をもって学び調べ始める8月9月にしてください。

貯める蓄える

 上で知識が溜まる蓄えられると記しましたが、お金もたまる運勢です。

 先に記しましたように、正反対の運勢が特徴の8月ですから、溜まる運と共に浪費の運も同時に発生します。

 どちらになるかは自分次第ではありますが、貯めるほうを選択したほうが良いです。この8月の支出は無駄遣い、生きたお金の使い方とはいいがたいです。

 教材費や書籍代、受講代など知識学問に関する支出は良いですが、遊興費や贅沢、おしゃれ、飲食に使うのはお勧めしません。

心理哲学、オカルトのススメ

 宗教や精神世界、オカルトがおすすめです。単純に縁起を担ぐなどもよいですし、それらに関する読書などが特におすすめです。

 年運では家庭・家族に関する運勢が出ていますので、家族と宗教、家族と精神世界に関する知識を深めるとより良いです。

 例えば、夫婦の心理学や家庭運アップのおまじないetcです。

離宮回座

 回座する離宮には次のような意味もあります。

表面化・主張

 離宮は物事が表に出る意味合いがあり、自己主張・アピールの運勢があります。

 しかし、上で申し上げましたように、正反対の運勢が同時発生していて、秘密を守る・心を明かさない・隠匿・秘密を優先すべき運勢です。

 なるべく、自己主張を控えめにして、目立たない態度がお勧めとなります。もちろん、心の内を明かさない、秘密を打ち明けない事が良いです。

 離宮には企画アイディア、直感の冴え,,,などの意味もあります。何か良いアイディアや企画を思い付いたとしても、人に明かすのはもう少し先にしてください。

 よく練り上げるのが先決です。前例がなかったか?問題や弊害はないか?誰かに迷惑がかかるのではないか? それを調べてからが大事です。 10月まで練ったほうが良いです。

分離離別、怒り

 離宮には離別運もあります。又、短気で怒りっぽい意味合いもあります。

 喧嘩別れとか、物事や人に対して見切りをつけてしまう、、、そのような意味です。

 しかし、この8月は柔軟と忍耐が良い結果を呼ぶ運勢ですから、貴方が正しくとも今は我慢です。

被同会は五黄

 お生れの三碧は上の図、2021年の九星盤(年盤)では、坤宮に回座しています。その坤宮には8月の九星盤(月盤)で五黄が巡っています。これを五黄被同会といいます。

 被同会とは、その時期における注意事項を暗示します。

 五黄が被同会に来ますと、周囲から頼りにされ、頼まれごとや質問が同時にやってくるような傾向があります。

 手一杯にになるとか、余裕がなくなってしまうかもしれませんが、献身的に親切に対応してください。奉仕の運勢だからです。

 又、場合によっては苦言とは批判がやってくる可能性もあります。

 本当は貴方が正しくて、言い分・言い返したいことがたくさんあるかもしれませんが、この8月は柔軟と忍耐が正解ですので、ぐっとこらえてください。それが運勢的には正解です。

前月・今月・来月

 7月8月は自由奔放で自己主張の運勢が出ていました・います。短気の運勢もあります。

 繰り返しになってしまいますが、その正反対が正解になる8月です。特に7月に自由や主張、怒りっぽかった人は正反対を選択するように頑張ってください。

 次の9月も学びの運勢が継続します。続けて色々な事を覚え、読書などをなさってください。

 さらに9月は家庭運・家庭平和の運勢もやって来ます。家族全体が平和的になれる方法を模索してくとより良い8月となります。

まとめ

・寛容で受け身、心の広さを大切に
・人助け、奉仕、献身、自己犠牲
・信心、儀式慣例重視
・自由奔放と奉仕の正反対な運が同時発生⇒奉仕優先
・学びのチャンス。22年のスタート運の準備を
・知識やお金を蓄える
・心理哲学宗教、オカルトのススメ
・自己主張と秘めるの両方⇒後者を優先、温存
・分離離別、怒り⇒コントロール、我慢
・頼まれごとには献身的に
・批判されても我慢が今は正解
・7月8月自由奔放な運⇒8月は正反対で献身が〇
・9月は学びと準備、家庭平和の運

 以上で三碧木星生まれ、2021年8月の運勢についてでした。この8月もより良い月になりますよう、心からお祈りいたします。

 ↓の8月の仕事・金運・方位なども併せてご覧ください。

スポンサーリンク
占いHosoをフォローする
占いHoso

 九星気学や四柱推命など、東洋の占いにタロットカードを合わせて判断するスタイルをとっています。

 ちょっと変わったやり方です。(九星気学、四柱推命+易、又は西洋占星術+タロットが王道)

 鑑定歴20余年の本業占い師です。鑑定した人は数千人以上だと思います。

 悩み事や相性はもちろん、経営、子宝、建築、命名など様々な案件を経験しました。

 このブログでは、毎月・毎年の運勢、開運の方法、開運グッズなどを紹介していきます。

 運勢を理解活用して少しでも良い人生を導きたい、そんな方にお届けしたいと思っています。

占いHosoをフォローする
占いHoso

コメント

タイトルとURLをコピーしました