2021年の運勢【七赤金星】令和三年

今年の運勢

 七赤金星生まれ2021年、一年間の運勢です。

 ↓の、世の中の流れもご一読ください。暦と九星、タロットで判断しています。

2021年 令和三年の世相【世の中の流れ】

暦と九星で見た運勢・世相

↑を動画で解説(暦と九星)


タロットで見た運勢・世相

↑を動画で解説(タロット)

2021年の運勢 令和三年

乾宮に回座する年です。

方位は北西、季節は秋から冬へ移り変わる時期、一日では19時から23時ごろです

上昇機運に伴い、忙しい日々も

 乾宮は発展向上の運勢を意味します。

 地位や立場の上昇が期待できますし、権利や権限の拡大もありえます。簡単に言うと、仕事運が強い、、、そのような年です。

 それに伴い忙しさも生じていきそうです。日々、目まぐるしく忙しくなる傾向です。

 その、忙しさを楽しむことが最大のカギになってきますので、やりがいを見出してください。自分が必要とされている価値を感じる、、、などです。

両極端、向上心や自制心で発展的に

 通年よりも結果が両極端になる傾向です。  

 今年一年通して一番のカギは、自分に厳しく目的を設定して向上心を持ち、日々忙しくすること。。。それを心がけると 例年よりも発展する運勢です。 特に仕事面・社会面です。

 逆に無目的・怠惰、堕落はいけません。これも例年より悪くなる傾向です。例年よりも堕落して生活が悪くなるという意味です。   

 両極端な運勢ですから、年末に頑張った人とそうでなかった人の格差が激しくなります。ぜひ、前者を選択してください。

自主独立の運勢

 自主独立の運勢や孤高・孤独、個人主義の意味もあります。人を頼らない・人に甘えない、、、そのような基本姿勢を持った一年にしていくとよいです。

 デジタル化の運勢もあります。 デジタルガジェットを導入して仕事や家庭生活、趣味を効率化・充実化することがお勧めです。

 全体的に忙しい日々になる傾向なので、デジタル化→効率化→時短を狙ってください。スマート家電とか、ロボット掃除機、食器洗い機などです。

 神仏や占いの運勢もあります。 縁起を担いだり、年運や月運を活用する技を学んでください。神社仏閣に参拝をするなどもおすすめです。

信念と中立、中古品は避ける

 被同会に八白が入ってくるので人との板挟みに遭遇したら、中立を保つことがおすすめです。

 どちらにも迎合することなく、自分の信念を貫くことです。なにごとにおいても21年は信念と意思の年だといえます。

 中古品や古いものには警戒心を持つようにしてください。オークションやフリマアプリでの購入は十分に調査や聞き取りをすることです。

 相続に関するトラブルも多少ありますので、心当たりがある人は良く準備する時です。準備とは、現状を把握・調査すること、法令関係の知識を得たり、相談できる人を探すなどです。

、、、以上が九星についての年運です。

タロットでの年運

【上旬】 剣のナイト(逆)・杖の10(逆) 限界を超えると無駄な争いや無気力を招く

〇上旬

 剣のナイトは突進していく戦士です。闘争心や行動力、反抗心を意味します。逆ですから、行き過ぎて空回り、あるいはその正反対で無気力、、、その意味になります。

 まず、無駄な争いを避けるのが先決です。

 ヒントに杖の10が、能力以上の負担を背負っていると言っているので、無理なものは誰かに任せるのが大事です。

 過剰に抱える・背負うと 剣のナイトのように、イライラして不要な争いを起こすか、反対に無気力となり鬱気味になるので 荷を降ろすことが大切です。 

、、、抱え込みすぎ、、、その意味です。もともと、今年は忙しくなるべく人を頼らないで頑張卯年ですが、この時期に関しては能力以上のことを抱えてはいけません。

 その他、裏切りやずるさとも出ています。限界以上のことを請け負うと、約束を守れず裏切ってしまう結果になったり、ずるく仕上げてしまう危険性もあります。

 他者に対しても同じで、部下や子供に対して能力以上を背負わせるのはいけません。

 自分に厳しくなるべき年ではあるものの、その厳しさとは、断る勇気や あえてやらない勇気ともいえます。

・・・以上が上旬についてです

【中旬】剣のキング(逆)・剣のナイト(逆)パワハラ気味に悩まされるものの、よくなっている・強くなっている

〇中旬

 剣を構えて険しい顔のキングです。パワハラ気味の上司や夫の意味です。

 しかし、逆なので、力が弱まっているとか、その圧力の峠は越えているとも解釈できます。

 剣の9をみると頭を抱えて悩んでいるさまですが、これも逆位置なので峠は越えていることを指します。

 色々な事がよくなっている・よくなって来ているので自信と希望を持つことです。

 疑惑とか不信など、物事を悪く考えてしまう時期なので、実際の内容よりも悪くとらえがちです。冷静になって、以前よりは少しずつ良くなっていることを客観的に理解することも必要です。

 相手は思ったほどの強さ・権力はないし、あなた自身も解決策や対処法を理解・自覚しているはずですからおのずと出口は見えてきます。

 発展向上の年運なので、自分が思っている以上に 強くなっている・うまくなっていることを再認識すべきです。自信を持ってください。

・・・以上が中旬です

【下旬】杖の7(逆)・カップの9 成功のチャンスがあるが、壁や敵もいる

〇下旬

 目の前に壁が立ちふさがり、その前に杖がいます。杖=人です。つまり、障害があるか 反対する人がいることを指します。

 このカードが正位置ならば、反対や壁があっても乗り越えるだけの力と気力があることを指すのですが、逆位置なので、少しの壁や少しの反対で迷ったり諦めてしまうあなたがいる。。。そう解釈します。

 原因の一つが情報不足です。もっと良く調べて、本当に諦めるべきかを判断しなければいけません。

 カップの9を見ると、地位や立場の確保が大事と出ています。それを守るために、反対を押し切るのか、逆に反対に従うのかは情報により判断することです。 立場を守るのが最優先だと思います。

 上旬・中旬と忙しさや肩の荷が重いこともさしますが、そこで頑張れるとこのカップの9が言う成功や金運、娯楽や飲食の喜びに到達できます。とても楽しみです。

、、、以上が下旬についてです

【キーカード】愚者 本当に愚かなのかもしれないし、無限の可能性かもしれない。両極端・自分次第

〇キーカード

 愚者とは、愚かと無限の可能性、、、その両極端な意味・両方の意味があります。

 自分の可能性を信じて、ゼロから挑戦したり、自分を磨くことが良い年です。 周りからは滑稽と思えるような努力をすると 下旬に出ているカップ9のが言うように、成功へとたどり着く可能性です。

 逆に、愚者のカードそのままの 愚かで怠惰、堕落をしてしまうと、例年よりも良くない状態となり、無駄な年になってしまいます。ご注意ください。

 そのあたりが両極端なので、自分に対する厳しさをもって、より良い年にしていくことをお勧めいたします。

、、、以上が2021年の運勢です。

是非、より良い年になりますよう、心からお祈りいたします。

スポンサーリンク
占いHosoをフォローする
占いHoso

 九星気学や四柱推命など、東洋の占いにタロットカードを合わせて判断するスタイルをとっています。

 ちょっと変わったやり方です。(九星気学、四柱推命+易、又は西洋占星術+タロットが王道)

 鑑定歴20余年の本業占い師です。鑑定した人は数千人以上だと思います。

 悩み事や相性はもちろん、経営、子宝、建築、命名など様々な案件を経験しました。

 このブログでは、毎月・毎年の運勢、開運の方法、開運グッズなどを紹介していきます。

 運勢を理解活用して少しでも良い人生を導きたい、そんな方にお届けしたいと思っています。

占いHosoをフォローする
占いHoso

コメント

タイトルとURLをコピーしました