2021年の運勢【三碧木星】令和三年

今年の運勢

  三碧木星生まれの2021年、一年間の運勢です。

 ↓の、世の中の流れもご一読ください。暦と九星、タロットで判断しています。

2021年 令和三年の世相【世の中の流れ】

暦と九星で見た運勢・世相

↑を動画で解説(暦と九星)


タロットで見た運勢・世相

↑を動画で解説(タロット)

三碧木星 2021年の運勢 令和三年

今年は坤宮に回座します。

方位は南西、季節は土用(夏→秋)、一日では13時から17時ごろ

人を育て伸ばしましょう、、、

回座する坤宮は補佐・サポートという意味が目立ちます。

 自分が結果を出したり、目立つ・主張するよりも人を育て伸ばすことが大切になる年です。

 又、何事に対しても受け身でいることも運勢アップのヒントになります。

地域貢献への勧め

 もう一つは地域貢献がオススメです。今、住んでいる地域や出身地・故郷への貢献です。できることからやってみてください。

 例えば、町会活動や神社仏閣での奉仕、PTA活動などなどです。

動植物や人の育成も。優しくほめて伸ばす

 坤宮は坤為地といって大地の意味があります。万物をはぐくむ大地なので、サポート運、育てる運という意味になります。

 植物や動物を育ててかわいがるのもよいですし、人を育てるのもよいです。

 お子さんの教育に熱心になるとか、地域の子供たちに何かを教える、後輩や部下に仕事を教える、趣味を誰かに教えるなど様々です。

 乾坤一擲(けんこんいってき)という言葉がありますが、乾為天(けんいてん)と坤為地(ちいこん)が合わさった言葉です。

 天は厳しく鍛えて育てる・地はやさしくほめて伸ばし育てる。。。そのような意味合いです。

 今年は坤宮回座なので、ほめて伸ばす姿勢を大事にしてください。優しくほめて伸ばす・・・。

新規よりも平和と安定を目指す年

 その他、地道、安定、平和の運勢がありますので、新しいことをはじめたり、仕事や趣味など 「がむしゃら」に頑張るよりも、日々、穏やかで平和で安定的な日々を過ごすことを優先すべき年です。

 特に、家庭・家族の運がありますから、家族との時間や一家団欒、一緒の食事などを大切にしてください。

 安定継続の運がありますので、何事も継続させるべきです。 趣味や学問など、一つのことを地道に継続させる努力をすることがおすすめです。

 日々の生活リズムも安定的に継続的に・・・という姿勢を心がけるべきです。

・毎日のルーチンを確立させる。。。という事です。

 朝何時に起きて何をする・寝る前のルーチン・週末の習慣などetc 退屈と思えるかもしれませんが、何事も安定継続が継続が運勢アップのカギになります。

準備と調査の運、次のスタートに備える

 又、準備や調査の運もあります。

 21年は新しいことをするのは向かない年ですが、翌年の22年は一転して新規の運なので、やりたいことをさがし、その準備に充てる21年にしてください。

 、、、そして、満を持して22年に何かをスタートさせるのが良い展開を導きます。

情報伝達不足・情報収集不足に気を付ける

 被同会に四緑が入ってきます。 情報の意味があるので、情報に注目するように心がけてください。どちらかというと注意です

 一つは、相手に対してきちんと伝えきれない情報伝達不足、もう一つは情報収集不足です。

 人を育てる年なので、下の人にわかりやすく しっかりとした情報を伝えることが必要です。

 情報の伝え方を学ぶ年といえるかもしれません。 嫌な言い方をすると、自分だけがわかっていたって意味がないことを知るべき。。。という事になります。

 人に何か教える時は、言葉だけではなくて、図形や実例、たとえ話を駆使する工夫をしてください。

 情報収集に関しては、ガセネタに踊らされやすいとか、一つの情報で満足してしまう危険性があります。ネット情報も大事ですが、紙媒体や人からの情報など、多方面からの情報が大事になります。

 得た情報を鵜呑みにせず、裏どりする癖をつけてください。

移動は裏目に出る可能性、、、

 移動が裏目に出る運勢です。留まる・待つ、、、これが向く年ですので、移動は最小限にすべきです。

 移動とは、移転、転職、旅行などもそうですし、新規の人間関係を開拓することも該当します。

 現状維持や継続を守るほうが優先・適切となります。

、、、以上が九星についての年運解説です

タロットでの年運

【上旬】 コインのナイト(逆)、正義(逆) 移動は向かない、ライフワークバランスの重要性

〇上旬

 コインのナイトは馬に乗っているので移動の意味です。被同会に四緑が入っているのと同じで、動くことは裏目に出るので時期をずらすか、移動そのものを再検討すべきとなります。  カードが逆位置で出ているので、移動=よくない意味、、、そのような解釈になります。

 先のとおり、移動とは引っ越しや転職、旅行などです。 

 コインのナイトは勤労の意味もありますが、お金のために働く事自体が嫌になってしまうのかもしれません。。。あるいは、報酬が見合わないので働く意欲が低下するなどもいえます。

 働くとは、家事労働も同じです。

 正義のカードが言う裁定者がヒントになるので、不満があるならば、誰かに訴えるのも一つの方法です。

 会社の上司に訴えたり、配偶者に訴えるのもよいと思います。報酬を上げてほしい・労働時間の短縮要請などです。

 配偶者に家事分担をお願いするなどもよいです。

 馬に乗って自らが活動するのは向かない時期ですが、誰かの活動をサポートすることは向きます。

 言い方を変えると、自分が活動しようとすることに気が向きすぎている、、、そうとも言えます。 

 正義のカードが持っている天秤は逆位置なのでバランスの崩れを意味します。  自分の活動と他者へのサポート・・・そのバランスが崩れているのでは?という意味です。

 コインのナイトは、ナイト=若者や子供という意味から、部下やお子さんが不活発・活気がない可能性もさします。

 正義のカードが厳しすぎる接し方、、、という意味を持ち、貴方が下に厳しすぎる可能性も示唆しています。  もう少し、ルールを緩和したり、裁定基準を下げるなどを検討してください。   

 全体を通して、ルールを守ることを大切にする時でもあります。

 法令順守や 社会のルール、家庭内のルールを守るという事を見直してください。逆に言うとそれをおざなり・おろそかにしやすいという運です。

 ライフワークバランスを大切に。。。と言いう意味も出ています。ナイトは行動の意味なので 仕事や社会活動に重きを置きすぎている姿勢を指摘しています。  そちらばかり優先・重視しているという事です。

 生活や人生を楽しみ、平凡で退屈でも平和を楽しみ、家庭を重視することの必要性を説いています。

、、、以上が上旬についての解説です。

【中旬】杖のペイジ・剣のペイジ 地域貢献の勧め・若者を信じるな!

〇中旬

 杖のペイジは街を見下ろす姿です。

 九星学での坤宮でも出ていましたが、地域活動や地域貢献がおすすめです。このカードはメッセンジャーなので、地元の名産品やおいしい店を発信するなどもよい方法です。

 故郷を離れているならば、幼馴染や同級生と連絡を取ってみるのがおすすめです。

 杖のペイジはメッセンジャーですが、情報の意味もあります。  右側の剣のペイジはガセネタやうわさ話も意味するので、それらに惑わされないこと。安易に信じない・人のうわさ話や悪口に同調しない事。。。それが大事です。

 どちらのカードもペイジですが、ペイジは若者です。若者がガセネタをもって来るかもしれないので、流されないように・・・・という意味です。

 貴方の秘密を探るような人物やあなたのよくない噂を流すような人物もいるので、プライバシーを明かさないことが大事です。 若者・年下・甥など。

 あなたのお子さんが、何かの隠し事をしている可能性もあるので、念のために確認をすることもおすすめいたします。

、、、以上が中旬ついてです。

【下旬】カップのクイーン(逆)・剣のクイーン 怒りや妬みに注意。全てを捧げてはいけない

〇下旬

 どちらのカードもクイーンです。これらのカードがあなた自身を指しているならば、怒りや恨み、不満を持ちやすい時期だといえます。

 理性や優しさを意味するカップのクイーンが逆で、闘争・怒りを意味する剣のクイーンが正位置だからです。

 例えば、家族や周囲に思いやりをもって接したのに、周りがそれを無下にしたのでそういう感情になりやすい。。。という可能性です。

 ヒントとしては、全てを捧げて、全力で尽くさないことです。 初めから、こちらの思いが返ってこないことを想定して、自分をセーブしてください。  

 誰しも、潜在的に見返りを求める気持ちを持ちます。自分を犠牲にしてまで人に尽くすとそれが顕著になりますので、セーブが重要という事です。

 親切にする相手を吟味することも有効ですが、もう一つは 後ほど魔術師のカードで言う 技術やツールのバリエーションです。魔術師のカードをお読みください。

 これらのクイーンのカードがあなた以外の誰かを指しているならば、周囲の女性が怒っている可能性を想定・想像してください。

 あなたに原因があるならば改めればよいでしょうし、そうでないならば極力近づかないことです。八つ当たりされるかもしれません。

 あなたに原因があるとするならば、九星学の坤宮が持つ意味である周りへの気遣いやサポートの不足、その可能性がありますので、足りているかな? と自分を確認してください。

、、、以上が下旬についてです。

【キーカード】魔術師 しゃべることの重要性、ツールの拡充

〇キーカード

 魔術師とは手品師の意味でもあります。様々な道具を駆使して、話術巧みに見る人を魅了する人物です。

 人をサポートして伸ばし育てる年運ですが、それにおいて様々な技術・技法、ツールのバリエーションを増やす年にしてください。

 コーチング理論を学んだり、各種道具工具の使い方を教えたり、デジタルガジェットを導入して教えるなどもよいです。

 言葉・しゃべりに注目する時でもあります。 例えば、言葉の選び方・しゃべる順番・上手にまとめる方法・ボキャブラリーを豊富にするなどなどです。

 料理やDIYなど、一緒に何かを作ることでコミュニケーションを深めるのもおすすめです。

 それ以外でも、年間通して、何かを作る趣味をもつとか、仕事の道具やキッチンツールの拡充などもおすすめになります。

、、、以上がキーカードについてです

、、、以上が2021年の三碧木星生まれの運勢です。

是非、より良い年になりますよう、心からお祈りいたします。

スポンサーリンク
占いHosoをフォローする
占いHoso

 九星気学や四柱推命など、東洋の占いにタロットカードを合わせて判断するスタイルをとっています。

 ちょっと変わったやり方です。(九星気学、四柱推命+易、又は西洋占星術+タロットが王道)

 鑑定歴20余年の本業占い師です。鑑定した人は数千人以上だと思います。

 悩み事や相性はもちろん、経営、子宝、建築、命名など様々な案件を経験しました。

 このブログでは、毎月・毎年の運勢、開運の方法、開運グッズなどを紹介していきます。

 運勢を理解活用して少しでも良い人生を導きたい、そんな方にお届けしたいと思っています。

占いHosoをフォローする
占いHoso

コメント

タイトルとURLをコピーしました